真田丸ゆかりの地【清洲城】の歴史と秀吉の天下を決めた清州会議



 
清洲城は、尾張のおよそ中心に
築かれた平城です。

織田家が長らく
所有していたことでも有名です。

桶狭間の戦いの折
信長はこの城から出陣し
天下取りへのスタートを
決めました。

歴史の中で大きな
舞台となった清洲城
その今と昔を
見ていきたいと思います。
 

スポンサーリンク


清洲城と信長

元々は斯波氏が築城した清洲城。

 

その後
織田家→豊臣家→福島家→徳川家
当主は移っていきますが
やはり清洲城と聞くと
織田信長を連想します。

 

信長はおよそ10年間
清州城を居城としていました。

 

今川義元を討ち破った桶狭間の戦い
ほぼ無名だった信長が
天下に名を轟かせた瞬間です。

 

桶狭間の戦い後
織田と徳川は同盟を組みますが
その結びが執り行われたのも
この清洲城で、世に言う
清洲同盟です。

 

その後美濃を攻略し
岐阜城で天下布武を掲げるまで
清洲城は信長の拠点として
重要な場所でありました。

 

まあ、途中で
小牧山城へ移りますけどね。

 

ともかく信長にとって清洲城は
天下取りのための
足がかりとなった城。

 

そしてこの城は、天下取りに向かった
もう一人の人物にも
大きなきっかけの場所です。

清洲会議と秀吉

本能寺の変では信長と
嫡男・信忠もこの世を去りました。

 

今後の織田家の後継者および
領地の配分を目的として
清洲城で話し合いが行われました。

 

清洲会議です。

 

清洲会議には
次の4名が参加しました。

 

まず織田家の筆頭重臣である
柴田勝家と丹羽長秀。

 

さらに、明智光秀を討った羽柴秀吉
そしてもう一人は池田恒興です。

 

本来この会議には池田ではなく
織田家四天王の一人
滝川一益が参加するはずでした。


スポンサーリンク


しかし一益は北条家との戦や
木曽義昌の足止めを食らい
清洲への出立が遅れ
会議に間に合いませんでした。

 

焦点となったのは
後継者争い。

 

織田家の遺児の中で
もっとも有能とされた三男
信孝を推したのは柴田勝家。

 

対して秀吉は、信忠の嫡子であり
信長の嫡孫であり、齢3歳の
三法師(後の秀信)を擁立します。

 

秀吉の案に
池田恒興、丹羽長秀も支持し
跡目には三法師が決まります。

 

明智を討った勲功もあり
三法師を擁立した秀吉は
織田家の中でも
一目置かれるようになります。

 

そして、この後
天下取りへ走るのです。

 

秀吉、抜け目なしですね。

現在の清洲城

多くの歴史を持つ清洲城ですが
1610年に取り壊されます。

 

その城郭跡は田畑などに開墾され
本丸の一部の土塁が
わずかに残るだけとなっています。

 

そして、この城跡を分断するように
東海道本線が敷設されます。

 

以後、清州城跡は
清洲公園として
憩いの場所となります。

 

清洲公園の地図

 

昭和から平成へと時代が移るころ
清洲町町制施行100周年を記念して
清洲城天守閣の再建設
着工となります。

 

鉄骨・鉄筋コンクリート
RC造によって建築された
模擬天守閣は、三層四階建てからなり
濃尾平野を一望できる
ロケーションです。

 

当時の様子を想像してデザインされ
時代を感じさせる外観となっています。

 

展示コーナーには
武将の甲冑が展示されていたり
清洲会議のコーナーもあります。

 

一度は訪れて、歴史の思いにふけてみたい場所ですね。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す