真田丸ゆかりの地【小諸城】滝川一益の伊勢・長島里帰りへの道


 
武田家の所領であった小諸城は
一説には軍師・山本勘助が
気に入って利用していた城
とも言われていますが
定かなところではありません。

織田家が所有していた時は
滝川一益がこれをおさめ
豊臣政権になると
仙石秀久が城主についた城です。
 

スポンサーリンク


一益と北条

城下町よりも
低地に位置されたこの城は
穴城とも呼ばれています。

 

千曲川の断崖が
天然の防御となるこの城は
武田家が縄張りに使っていました。

 

武田家が甲州征伐で滅びた後は
織田家の支配下となります。

 

この辺り一帯を任されたのが
滝川一益です。

本能寺の変をきっかけに
外面上は仲良くしていた北条家が
上野へ侵攻してくると
一益との神流川の戦い
始まります。

 

戦いに大敗した一益は敗走し
倉賀野城→厩橋城→箕輪城と経て
小諸城に入ります。

 

一益は、まだ信長が存命の頃
関東方面では、かなり
権限を持っていたようで
関東だけにとどまらず
奥羽の伊達家や蘆名家とも
密に連絡をとっていたようです。

 

その権限が
北条にはお気に召さなかった
かもしれません。

一益、なかなか帰れず

そんなことで北条家としては
織田家や一益に対して
腹に据えていたものが
あったのかなと思います。

 

さて、神流川の戦い後敗走の際
小諸城に入った一益は
人質を全て解放します。

 

人質というのは、まあ
このご時世の常ですが
一益は関東を任せられた際に
当地の国人衆から
人質をとっていたんですね。


スポンサーリンク


本領を安堵するために、代わりに
人質を差し出せというわけですが
この時、人質を差し出し
一益に従ったのは、真田昌幸はじめ
北条高広や宇都宮国綱
由良国繁、倉賀野秀景
甲斐姫の父で有名な成田氏長など
20名を超えます。

 

通せんぼを食らった木曽福島城でも
木曽義昌に人質を引き渡すことで
了承を得て、苦労の末に
美濃へ到着します。

 

こんな感じで
時間を消費した一益は
清洲会議に間に合わなかった
という話です。

現在の小諸城を観光

長野県小諸市にある小諸城は
日本百名城にも選ばれる城です。

 

小諸城跡の地図

 

現在残っているのは
石垣と三の門と大手門。

 

大手門は市街地に残り
三の門は懐古園の入り口として
今に残っています。

 

戦国歴史漫画「センゴク」
主人公でもある仙石秀久が
城主となり大改修した城です。

 

三の門が残る懐古園は
野面積みの石垣なども
歴史を感じさせると共に
樹齢500年といわれる
大ケヤキが景色に彩りを添えます。

 

小諸駅構内からも
三の門を眺めることができ
公園は駅から千曲川に向かって
大きく広がっています。

 

島崎藤村を紹介する
藤村記念館を始め
複数の博物館や美術館、さらには
動物園や遊園地などもあり
観光やお出かけスポットとなっています。

 

穏やかな一日を過ごせそうですね。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す