真田丸ゆかりの人物【真田信尹】真田家影の立役者~演・栗原英雄



 
くせ者で名高い真田昌幸が
信頼を置く弟・信尹。

一説には昌幸と同い年であるとか
双子説などもありますが
定かなところではありません。

後に松代藩大名・真田家とは分かれ
旗本真田家を興したのも
信尹と言われています。
 

スポンサーリンク


信尹の生き方

信尹は昌幸と同様に
幼い頃から、武田家にて
人質生活を送っていました。

 

甲斐の名門である
加津野氏の養子となり
武田家に仕えている頃は
加津野信昌と名乗りました。

 

武田家時代の武功は大きく
槍奉行を務めるなどして
家臣団の一翼を担うほどでした。

 

武田家滅亡後は
真田信尹と改名し
まず北条家に出仕します。

 

その後、本能寺の変の後に
徳川家に仕えます。

 

徳川家では
加増に見合う働きをしていないと
自分で判断した

 

または、全く逆に
自分の働きを評価されていない
という不満

 

諸説ありますが、ともかく
信尹自ら徳川家を離れます。

 

その後は、蒲生氏郷に仕えますが
氏郷死去による
蒲生騒動勃発で再び
徳川家に戻ります。

 

このように武田家以降は
基本的に真田本家とは
全くの別行動を取っているのですが
昌幸とは頻繁に接触していたようで
真田家存続に尽力しました。

父についても語ります

では、ここで
信尹や昌幸の父である
真田幸隆についても
少し触れたいと思います。

 

真田丸で登場するかは
分かりませんが…

 

ストーリーの時期的には
もう亡くなっているので
どこか回想シーンにでもと
ちょっとだけ期待しておきます。

 

真田幸隆の父は
はっきりとしておりません。

 

信濃の豪族
海野棟綱の子であるとか
その海野の娘婿である
真田頼昌の子であるなど
諸説ありますが、これといった
記録が残っていないようです。


スポンサーリンク


真田家自体が
歴史に名を馳せてきたのも
この幸隆が、武田家で
武功をあげた頃からになるので

今の真田幸村人気があるのも
元を辿れば
幸隆に行き当たる
ということになるかもしれません。

 

武田家では、攻め弾正として
武田家内でも
一目置かれる存在でした。

 

外様であるにもかかわらず
譜代家臣と同等の厚遇
受けるほどの実力者でした。

 

特に知略に長けていて
この辺りは昌幸に
受け継がれていますね。

真田信尹を演じる、栗原英雄

真田丸で真田昌幸の弟
信尹を演じるのが
栗原英雄さんです。

 

栗原さんは1984年に
「劇団四季」に入団され
数多くの演目に出演された
役者さんです。

 

その圧倒的なパフォーマンス力や
優しく温かみのある歌声が支持され
多くのファンの心を掴みました。

 

そんな栗原さんは
2009年、劇団四季を退団されますが
退団を惜しむ声
非常に多かったそうです。

 

真田丸での演技を見ていても
とてもはっきりとした口調で
聞きやすい声をされていますね。

 

劇団四季出身と知った時は
なるほどねと納得しました。

 

劇団四季を退団してからも
ミュージカルの舞台や映画などに
幅広い活躍をされている方です。

 

真田丸での信尹の演技は
すごく渋くて
男のカッコよさが伝わって
私は個人的に好きです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す