真田丸ゆかりの人物【真田昌幸】くわせものを演じる草刈正雄



 
真田丸の大きな看板。

真田家当主で
偉大すぎる信繁の父。

天才と言われたその知力で
真田家を守り抜く。

徳川を苦しみ続けた名将。

その名を「真田昌幸」。

ここではそんな真田昌幸の
気になる人物像に
迫っていきたいと思います。
 

スポンサーリンク


真田昌幸とは?

真田昌幸は天正16年
真田幸綱の三男として
生まれました。

 

幼名は源五郎です。

 

父の代から
武田家に従えていた真田家は
昌幸を武田家へ人質に出します。

 

この時、幼い昌幸の
才能を見抜いた武田信玄から
小姓に抜擢され、以後
武田家の大きな力となります。

 

信玄は昌幸を
たいそう気に入っていたようで
母方の一族である
武藤家の養子に迎え、昌幸は
武藤喜兵衛と名乗ります。

 

武田家が滅びると
織田家の配下についた真田家は
滝川一益の指揮下に入ります。

 

ところが、つかの間
あの大事件が起こります。

 

本能寺の変。

 

それからの昌幸は
状況に応じて、上杉や北条
徳川にも味方します。

 

主人を替えながら
行く末を見据え
着々と力をつけていくのです。

 

その後、徳川との上田合戦で
快挙をあげる昌幸ですが
関ヶ原の戦いで
昌幸がついた西軍が敗れると
信繁と共に高野山へ追放され
九度山へ幽閉、ひっそりと
この世を去ります。

真田丸での、昌幸の活躍

真田丸本編における
真田昌幸を見てみましょう。

 

いやあ、昌幸
かっこいいですね。

 

あの賢さ、あの渋さ
時に滑稽だったり
とにかく自分を貫く姿は
かっこいいです。

 

私、個人的に
昌幸大好きなんですね。

 

作品中では
織田信長に謁見するため
自ら偽の書状を書き、わざと
信長の目に届くように仕向け
堂々とシラをきって
切り抜けるという
肝っ玉の強さを見せました。

 

ひょうひょうとしながらも
常に命を張って賭けに出ている
しかも、しっかり勝ってみせる
大した男ですね。


スポンサーリンク


そんな昌幸は、当時
「表裏比興の者」
と呼ばれていました。

 

とんだくわせもの
という意味ですが
それだけ昌幸は
多くの実力者たちにも
その才を認められ
また恐れられたのです。

 

真田丸での昌幸
今後も楽しみで仕方ありません。

昌幸を好演、草刈正雄

真田丸で主人公真田信繁の父
真田昌幸を演じる草刈正雄さん。

 

凄みや渋さ溢れる演技
主人公を脅かすくらいの
存在感を見せていると思います。

 

真田昌幸はかなりの知恵者で
慎重に、時に大胆な決断で
名を馳せた名将ですが
まさにハマり役だと思います。

 

私は世代的に
見たことはないのですが
NHKで放送された
真田太平記では
幸村を演じていたようですので
今回の配役も
そういう縁なのかもしれません。

 

草刈正雄さんは、お父様が
アメリカ人とのことですので
あのような彫りの深い
ダンディーな顔立ちなんですね。

 

同じ男として
うらやましい男前ですね。

 

シリアスな役から
コミカルな役まで
幅広くご活躍されています。

 

これからの真田丸でも
いぶし銀の演技
盛り上げてくれることでしょう。

 

とても楽しみです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す