真田丸第34回8月28日【挙兵】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸第34回の感想を書かせて頂きます。
この回から、真田丸はアップテンポになっていきます。

加藤、福島を筆頭とする反石田七将と石田三成の争い
石田三成の失脚、有名な直江状と上杉征伐
そして石田三成を中心とした反徳川勢力の結集と
戦国の歴史に残るようなことが次々に起こります。

それぞれに1話かけてもおかしくないようなシーンを
まとめて1話で行うので、非常にテンポが早いです。
 

スポンサーリンク



はじめに石田三成が、反石田勢力に襲われるところから
今回の真田丸は始まります。

 

石田屋敷が襲撃されるとの情報を掴んだ三成は
安全なところをもとめて各地を転々としたあと
最終的に、徳川家康の仲裁で事なきを得ます。

 

本来の歴史だと、石田三成が単独で事をなすのですが
この真田丸では、真田幸村が縁の下の力持ち的に
あちこちの有力者と交渉し、根回しをして三成を守ろうとします。

 

三成が豊臣の忠臣であるのと同じように
幸村もまた、三成の忠臣として頑張ります。

 

そんな根回しが功を奏した事もあり
なんとか三成は、命を守ることに成功します。

 

そして三成は近江佐和山に戻るのですが
ここで三成は幸村に対し「これで今生の別れだ」と縁切りを申し渡します。

 

今まで幸村は、三成の家臣として尽くしてきましたが
ここで彼らは、別の道を歩むことになります。


スポンサーリンク


三成の失脚後、伏見、大阪を押さえた徳川家康は
真田幸村を家臣にしようとしますが
三成と近くなりすぎた幸村は、これを断固拒否します。

 

家康は「お前はわしを怒らせるつもりか」
と、恫喝しながら家臣になることを迫りますが
それでも、幸村はこれを拒否し、家康の下から去っていきます。

 

その後、今までの卑屈ぶりはどこへやら
上杉が徳川に対して正面から喧嘩を売ってきます。

 

この喧嘩を買った家康は、上杉征伐を開始、東国へ軍を進めます。

 

このドサクサにまぎれて反徳川勢力が決起
家康がいない大阪の地を押さえにかかるところで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸のキーポイントは、三成と幸村が別れて別々の道を行くところにあります。

 

ここ最近の真田丸は、真田丸というより石田丸というくらい
石田三成に焦点が当たっていましたが
この別れをきっかけに、三成は関が原へ、そして幸村は上田に向かいます。

 

このドラマの題名が真田丸である以上、関が原より上田城の戦いにスポットが当たるのでしょうが
関が原の戦いを1分くらいで済ます事もないでしょう。

 

その辺のバランスをどうとるのか、脚本家である三谷幸喜氏の腕の見せ所と言えるでしょう。

 

第二次上田城合戦が迫りつつある真田丸、次回も楽しみです。

 

※この他にも第34回「挙兵」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第34回「挙兵」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す