真田丸ゆかりの人物【真田信繁(幸村)】日ノ本一の堺雅人


 
真田丸の主人公。

戦国時代の人気を集める
文武に優れた名武将。

創作「真田十勇士」でも有名。

家康を追い詰めた大坂の陣は
誰もが知る武勇伝に。

その名を「真田信繁」。

真田信幸の人物像に
迫ってみたいと思います。
 

スポンサーリンク


真田信繁(幸村)

歴史上の人物で
スーパースターは誰?

 

という質問をすると、多くの方が
真田幸村の名をあげます。

 

それほどまでに
人々に愛されている幸村。

 

大坂の陣で、徳川家康を
もう一歩のところまで
追い詰めた武勇伝があります。

 

真田幸村、本名信繁は
真田昌幸の次男として
信州に生まれます。

 

信繁が15歳のとき
本能寺の変は起きました。

 

織田家に従っていた真田家は
上杉を頼り、信繁は
人質に出されます。

 

北条や徳川にも
いい顔をしていた真田家の行為を
徳川家康は、裏切り行為と立腹し
上田城を攻めます
真田はこれを退けます。

 

この頃世間は
豊臣が天下統一に
王手をかけていました。

 

昌幸は、徳川から身を守るため
信繁を豊臣秀吉の元に
人質に送ります。

 

真田信繁の若き頃は
人質生活が長く続きました。

 

秀吉没後、しばらくして勃発した
関ヶ原の戦い。

 

石田三成方に味方した
真田昌幸と信繁は
徳川の嫡男秀忠の軍勢を
上田城で足止めさせるという
快挙を成し遂げます。

 

しかし西軍は敗戦。

 

二人は高野山へ追放
長らく蟄居生活が続きます。

 

実は、この時まで
真田信繁の存在は、さほど
世には知れていませんでした。

 

名を轟かせていたのは
父昌幸ばかりだったのです。

 

そしてこの後
真田幸村の名を世に轟かせる
大坂の陣が幕を開けるのです。

真田丸での、信繁の活躍

真田丸における
真田信繁はどうでしょう?

 

物語の序盤、若武者である信繁は
武士として目立つところはありません。

 

世の中の流れに興味津々く
とても度胸がよく
大らかな性格を持っている印象です。

 

非常に頭の回転が早く
勘の鋭さもよく描かれています。

 

新府城から岩櫃城への道中や
安土での危険察知は
これからの信繁の成長ぶりを
感じさせる場面でした。


スポンサーリンク


一方で、梅に恋心を抱くなど
お年頃な姿も見せており
史実での勇猛ぶりが色濃い
彼のお茶目な一面が見られて
とても面白いと思います。

 

きりや梅との恋路のゆくえも
どう描かれていくのか
こちらもまた楽しみですね。

 

物語はまだまだ始まったばかり
信繁の名が世に広がるまで
その足跡を楽しみたいです。

信繁を好演、堺雅人

真田丸で主人公
真田信繁を演じるのが
堺雅人さんですね。

 

ドラマに、映画に、CMに、舞台にと
八面六臂の活躍で、今や
知らない人はいないほどの
名優だと思います。

 

「半沢直樹」「リーガルハイ」など
代表作は数多いですが
私が個人的に好きだったのは
大河ドラマ「篤姫」での
徳川家定役です。

 

うつけを装いながら、鋭い眼差しで
世を見渡す家定を好演していました。

 

あの役、大好きです。

 

真田幸村といえば
「真田、日ノ本一の兵」
で有名なように
武勇で名高い人物ですが
現在放送されている
序盤での信繁はまだ若武者。

 

そんな若武者が持っている
猛々しさ、興味心、思いやりの心
お調子者な雰囲気を使い分け
見事に表現されていると思います。

 

これからどんどん
激しさを増していく物語
注目です。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す