真田丸第38回9月25日【昌幸】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第38回の感想を書かせて頂きます。

この回は、タイトル通り真田昌幸の回です。

真田丸は、大河ドラマの中では珍しく、父親が目立っています。

普通、歴史上の偉人の父親は偉人ではないので
父親がそこまで目立つ事はないのです。
(豊臣秀吉も、西郷隆盛も、坂本龍馬も、父親は普通の人でした)
 

スポンサーリンク



真田丸の主人公である真田幸村の場合
父親である真田昌幸も、幸村と同レベルの名将なので
大河ドラマでは極めて珍しい「ダブル主人公」状態になっています。

 

その、主人公の片割れである昌幸が
ついに黄泉路に旅立ってしまうのが、この「昌幸」の回なのです。

 

この回では、九度山に押し込められている真田親子の話と
徳川、豊臣の対立といった中央政界の話が交互に行われます。

 

このうち、真田親子の話は以下のようになっています。

 

信濃にいる真田信之が本多正信を通じて
「もう勘弁してほしい」と家康に懇願するのですが
「いやならん、絶対に、絶対に許さん」と断られます。

 

信之は色々なツテを使って、なんとかもう一度
家族みんなで、生活出来るにしようとするのですが
家康は根に持っているので、決して許しません。

 

そうしているうちに、だんだん昌幸は老いていき
白髪の老人になってしまいます。

 

そして、最後の時が来た事を悟った昌幸は
秘伝の兵法書を幸村に託すのです。

 

「もう一度徳川と戦がしたかった」その無念の思いを残しながら…

 

そんな彼のもとに死んだはずの「お屋形様」が現れ
ついに戦国武将真田昌幸は、黄泉路に旅立つのです。

 

(この「お屋形様」が誰なのか、作中では明示されていませんが
おそらく昌幸にとって、たった1人の偉大な主君であった武田信玄のことだと思います)


スポンサーリンク


こうして、偉大な戦国の巨星が落ちたころ、中央政界でも大きな動きが起こりました。

 

それは、豊臣秀頼と徳川家康の対面です。

 

家康は、秀頼と1対1で会い、格の違いを見せつけようとするのですが
秀頼は、戦国の英雄である家康相手に、堂々と渡り合います。

 

その結果、家康は恐れ入ると同時に
「こんな危険な奴は始末するしかない」と考え
豊臣つぶしの策を練り始めます。

 

それの巻き添えを食った加藤清正が消されたあたりで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸は、もうひとりの主人公である真田昌幸が
物語からリタイヤしてしまう、悲しい回です。

 

ですが、この重苦しい九度山が終われば
最後の見せ場である大阪の陣がやってきます。

 

今は、その最後の飛翔のために力を蓄える
「タメ」の回だと言えます。

 

このタメが終わった時、物語はどんな結末を迎えるのか
それが、今から楽しみです。

 

※この他にも第38回「昌幸」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第38回「昌幸」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す