真田丸第6回2月14日【迷走】感想とちょいネタバレ(男性)


 
前回、辛うじて
安土城より脱出した信繁一行は
明智の兵たちの目を盗みながら
逃げ続けています。

小屋に隠れて
やり過ごそうとするものの
突然子供が泣きだし
見つかってしまいます。
 

スポンサーリンク


女性と子どもを逃がすため
奮戦する信繁や茂誠たち。

 

逃げる松に敵の手が掛かろうしたとき
佐助が助けに入ります。

 

が、それでも圧倒的多数の
明智軍相手には手が足りず
松は崖っぷちに追い詰められ
そのまま観念したかのように
崖下に身を投げるのでした。

 

さて、この後
松はどうなるのでしょう?

 

松役の木村佳乃さんの
インタビューによれば
記憶喪失になり
なにやらとんでもないオチが
待っているようですが
三谷幸喜さんの脚本だけに
なんだか心配です。

 

これまでの大河ドラマの常識を
ひっくり返すような
超展開になるんでしょうか?

 

あまり喜劇色が強まると、さすがに
視聴者を置いてけぼりにする
可能性大であるだけに
自重してほしい気もしますが

かと言って無難にまとめるのも
今更あり得ないでしょう。

 

いっその事「江~姫たちの戦国~」
上回る超展開でも期待しますか…

 

さて、それはさて置き
信濃・上野においては
ようやく信長の死を知った
滝川一益が昌幸を呼び出します。

 

上杉や北条の動向を気にしつつ
昌幸を最も警戒する一益に対し

 

「真田安房守昌幸
滝川殿にかけ申す」

 

と啖呵を切って見せる昌幸。

 

一益は家康に援軍を要請したり
北条に対して
静観してくれるよう求めて
書状を送ったり

信長の死によって
一人上野に取り残されてしまった
苦しい立場で
生き延びるのに必死の様子。

 

段田安則さん演じる、滝川一益も
そろそろ見納めでしょうかね…

 

この後、北条によって
ケチョンケチョンにやられて
命からがら逃げ出す羽目に。


スポンサーリンク


それにしても、高嶋政伸さん演じる
北条氏政は厭らしいオーラを放っていて
今後、沼田領を巡って
昌幸との間でどんな駆け引きを
見せてくれるのか楽しみです。

 

山崎の合戦にて、明智光秀が
羽柴秀吉に討たれたと知ると

 

「これで滝川一益の目は
なくなった」

「わしは疫病神か」

 

と信幸に語り
意気消沈していたものの

 

「これより真田は
誰の下にもつかん」

 

と信繁と信幸に宣言し
岩櫃・沼田の両城を取り戻すため

 

「大博打の始まりじゃ」

 

と啖呵を切った昌幸は
どんな謀略を見せてくれるのか。

 

これまで大した合戦シーンが
ありませんでしたが
岩櫃や沼田の城を巡る
北条や徳川との争いは、是非
しっかり描いてほしいところです。

 

本能寺の変も山崎の合戦も
真田には直接関係しないので
端折るのも仕方ないですが
信濃・上野での
これからの戦いを、三谷脚本は
果たしてどう描くのでしょうか?

 

※この他にも第6回「迷走」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第6回「迷走」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す