真田丸ゆかりの人物【室賀正武】昌幸との対立~演・西村雅彦


 
室賀正武は信濃国・小県の
国衆の一人です。

小県の国衆ということで
真田家とは本来、豪族仲間
ということになりますが
なにかと昌幸に反発する武将です。

真田家同様、どの勢力につくかを
探りながら生きる術を見つけます。
 

スポンサーリンク


室賀と昌幸の因縁

真田丸では、事あるごとに
昌幸に対抗している印象の
室賀正武ですが、実際史実でも
昌幸とは揉めていたようです。

 

武田→北条→徳川→真田と従いますが
はい、一時期
真田にも従っているんですけども
室賀も真田も、お互い
あまりよく思っていなかったみたいです。

 

真田家を含め、信濃の豪族たちが
家康から所領を安堵されると
昌幸は信濃制圧を目論み
真っ先に室賀の領地
奪おうと攻め込みます。

 

室賀は迎え撃ちますが
相手が悪いです。

 

戦況は悪くなり
このままではまずいと悟った室賀は
昌幸に和睦を申し入れ
昌幸は渋々これを受け入れます。

 

こうして室賀は、実質
真田の配下に属すのですが
そもそも二家は犬猿の仲
室賀は何かと不満を持っていました。

室賀と昌幸の命運

その頃、徳川家と北条家が
和睦を結びます。

 

昌幸はどうかと言えば
上田城築城
乗り出していました。

 

さて、徳川家と北条家の
和睦の条件には
沼田領地を北条に引き渡す
というものがありましたが
昌幸はこれを断固拒否します。

 

家康、怒ります。

 

かねてより、室賀から
昌幸に対する愚痴や不満を
聞かされていた家康は
室賀に昌幸暗殺の指示を出します。

 

室賀としては憎き昌幸を
家康の命で気兼ねなく叩ける
ということで
しめたものだったかもしれません。


スポンサーリンク


そんな折、室賀は昌幸に
上田城へと招かれます。

 

この時すでに、室賀の家臣である
室賀孫右衛門が昌幸と内通しており
昌幸暗殺計画を伝えていました。

 

昌幸は室賀を始末するために
上田城へ招待したのです。

 

そんなことは思いもしない室賀は
上田城へ参上すると
待っていた真田家臣によって
始末されてしまうのでした。

室賀正武を演じる、西村雅彦

真田丸で信濃の国衆
室賀正武を演じるのが
西村雅彦さんです。

 

西村さんと言えば
ユーモア溢れるイメージのある
ベテラン俳優さんです。

 

ドラマや映画・舞台の出演は数知れず
どんな役どころでも
存在感を見せてくるところは
さすがです。

 

三谷幸喜率いる劇団
東京サンシャインボーイズへ
入団したことから、三谷作品に
多く携わっておりますが
なんといっても「古畑任三郎」での
今泉役が有名ですね。

 

世間的に知名度をあげたのも
この役だと思います。

 

ドラマではコミカルな役柄が多くて
そういう役が得意かと思いますが
劇団時代はシリアスな役柄が多く
ご本人もそういう演技を
得意とするようです。

 

確かに最近では、結構シリアスな
渋い役柄も多いですね。

 

真田丸での室賀役は
憎き敵役のような存在で
持ち味発揮という印象です。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す