真田丸第10回3月13日【妙手】感想とややネタバレ(男性)



 
真田丸第10回の
感想を書かせて頂きます。

今回は手に汗握る
外交戦が実に見ものでした。

前回の最後で
北条と徳川が電撃的に和睦し
徳川と組んで
北条と戦っていた真田は
はしごを外されてしまいます。
 

スポンサーリンク


その時、真田領の大半を
真田の断りなしに、北条に
割譲することになったのですから
踏んだり蹴ったりです。

 

といっても、徳川、北条は大大名
真田は小大名です。

 

戦国の世では、小大名の意見など
まず通ることがありませんが
そこは外交と策略の真田です。

 

徳川相手に外交戦に持ち込みます。

 

真田家の使者として
真田幸村、信之の真田兄弟が
徳川家の元にやってくるのですが
ここからのやりとりが実に見ものです。

 

なんと真田家は
圧倒的に格上の徳川家相手に
脅威である
上杉家対策の城を作ってくれと
厚かましくお願いをします。

 

当然作るための費用は
徳川持ちです。

 

こんなあつかましい願い
普通通るはずがないのですが
なんと、徳川家康は
これを了承します。

 

ここまでなら、外交戦は
真田の圧勝となるのですが
その後、徳川は
真田にもっと厚かましい
お願いをしてきます。

 

「上野の主な真田の城
(沼田城と岩櫃城)を渡してくれ」

 

真田に

「お前らは黙って滅亡しろ」

と言わんばかりの
ど厚かましい頼みをしてくるのです。

 

これを信之は敢然と拒否
怒った本多忠勝に
手討ちにされかかります。

 

それを幸村が、なんとか止めて
とりあえずこの場は収まるのですが
その次のシーンが実に笑えます。


スポンサーリンク


前のシーンで敢然と徳川家康に
NOを突きつけた信之が
死んだ目をしながら
床に倒れているのです。

 

「さっきは本当に殺されるかと思ったわ」 

 

と気の抜けた顔をしながら言う信之は
前のシーンとの対比になって
実に笑えます。

 

この辺が、脚本家である
三谷幸喜氏の味付けなのでしょう。

 

その後、真田家は
徳川、北条連合との対決に
舵を切っていきます。

 

これは、真田の領土の大半をよこせと
無茶な要求をされている以上
どうしようもないのですが…

 

北条軍が沼田城に攻め込んだことで
両者の対立は決定的なものとなり
国力、兵力の乏しい真田は
進退窮まります。

 

普通ならここで真田家滅亡
一巻の終わりなのですが
さすがに真田家はしぶといです。

 

今までのいきさつから
真田家に友好的ではない
上杉を上手く動かし
上杉との八百長戦争
八百長戦争で勢いにのった上杉が
北条に攻め込むという
デマを流すという奇策で
北条軍を沼田城から
退かせることに成功します。

 

よくこんな奇策を
考え付いたものだと感心しますが
結局この策は
当座の危機を回避できても
北条徳川連合対真田という
不利な状況
変えられるわけではありません。

 

この状況で、どうやって
真田家は活路を開いていくのか
次回の真田丸が楽しみです。

 

※この他にも第10回「妙手」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第10回「妙手」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す