真田丸ドラマもうひとつの顔と【ナレーション】の有働由美子!


 
テレビ番組を観るとき
番組内容や出演者は重要ですが
それに匹敵するほど
結構気になるのは
ナレーションではないでしょうか?

ナレーションの良し悪しで
番組の面白さが変わる
なんてことも多々あると思います。
 

スポンサーリンク


ナレーションの印象

真田丸のナレーションは
NHKアナウンサーの
有働由美子さんが
務めています。

 

しっかりはっきりした声で
番組を盛り立てています。

 

朝の連続テレビ小説「あさが来た」
同局のアナウンサーが
担当していらっしゃるということで

NHKが誇る
二枚看板ドラマ番組のナレーションを
局のアナウンサーが務めあげ
番組の人気を支えています。

 

有働さんに関しては
後ほど詳しく触れますね。

 

冒頭でも少し触れましたが
ナレーションの印象で
番組自体の印象が決まる
ということもあると思います。

 

大河ドラマに限らず
バラエティー番組や情報番組などでも
あまり意識していないようでも
結構ナレーションの出来って
聞いていると思います。

真田丸と有働アナウンサー

人気ナレーターの声って
いろんな番組やCMなどで
よく耳にしますよね。

 

普段あまり気にしていなくても
俳優さんとか芸人さんのように
好きなナレーターって
人それぞれ
いるのではないでしょうか?

 

私も好きなナレーターいますよ。

 

でも、失礼ながら名前をはっきりと
覚えていないんですよね。

 

そして、顔は全く分かりません。

 

まあ、ナレーターの方は
普段外見を披露することなんて
ほとんどないでしょうから
仕方ないんですけど…


スポンサーリンク


でも声は
本当に毎日のように聞きますから
自然とファンにもなりますよね。

 

とまあ
ナレーターさんのことについて
少し長く述べましたが
本題は真田丸のナレーションです。

 

大河ドラマは時代物ですから
その時代の背景
ナレーションで的確に
伝える必要があります。

 

それだけに
重要性は大きいですよね。

 

個人的な感想ですが
有働さんの声は親しみもあって
柔らかく温かい印象を受けますので
大河ドラマには
合っていると思います。

更に有働アナウンサー

では、ナレーションの
有働由美子アナウンサーについて
もう少し触れたいと思います。

 

現在、NHKの
チーフアナウンサー
務めてらっしゃる有働さん。

 

学生時代は
剣道をやっていらっしゃって
二段の腕前です。

 

入社当初は
スポーツを担当されていました。

 

有働さん、オリンピックなど
スポーツ番組のイメージ
確かにありますもんね。

 

紅白歌合戦やスタジオパーク
朝の情報番組など
局の看板的な番組での
活躍が際立つ有働さん。

 

昔は発音やアクセントに
苦戦をしていたそうですが
いまや微塵も感じさせないくらい
聞きやすい声と軽快なテンポで
進行がお上手ですよね。

 

2013年には史上初めて
NHKのアナウンサーとして
民放日本テレビの番組に出演し
話題を呼びました。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す