真田丸ゆかりの人物【織田信長】第六天魔王に降った六文銭


 
真田氏と織田家といえば
あまり関係性はないように思えますが
実は真田氏は
織田家の家臣だったことがあります。

なので、真田氏にとって
織田家は(一時的に)
主君の家だったのです。

その織田家の当主である
織田信長について
簡単に説明させていただきます。
 

スポンサーリンク


織田信長の覇道

織田信長は尾張の戦国大名
織田信秀の息子として生まれ
若くしてその後を継ぎます。

 

いわゆる桶狭間の戦い
今川の大軍に攻め込まれますが
これを撃退することに成功します。

 

その後、尾張の北にある
美濃攻略に乗り出しますが
信長は苦戦し、攻略するまで
10年の歳月を費やします。

 

美濃の攻略後、信長は
稲葉山の城下井口を
岐阜とあらため、ここを拠点に
天下統一に乗り出します。

 

信長軍は破竹の勢いで進撃し
浅井に朝倉、三好一族
北畠、六角

その他、中小の豪族や大名を
10年ほどで滅ぼし
強大な織田軍団を作り上げます。

 

そして武田を滅ぼし
毛利を追い込み
天下統一まで
あと一歩と迫りましたが
明智光秀が謀反を起こし
本能寺に倒れたのです。

 

そんな信長は
偉大なる覇王の顔とともに
もう一つの顔があります。

第六天魔王

信長が第六天魔王
と呼ばれるようになったのは
戦国大名であることを
差し引いても
あまりにも酷い行い
してきたからです。

 

主だった悪行は

 

伊勢長島で降伏してきた
一向一揆を殲滅

 

謀反人の関係者であるとはいえ
荒木村重の一族郎党を
かたっぱしから処断

 

宗教上の聖地
比叡山延暦寺を焼き討ち

 

戦国時代の人ですら動揺
恐怖するようなことを
何度も行ってきました。


スポンサーリンク


もちろん、それには相応の
理由があるのですが
いくら何でもやりすぎという事で
魔王と呼ばれるようになったのです。

 

ちなみに信長は
武田信玄に出した書状に
自ら第六天魔王
名乗っています。

 

自分の立ち位置は
理解できていたようです…

 

そんな信長に
真田氏は降伏したのですが
その後の真田氏は
どうなったのでしょうか?

織田に降った昌幸

武田家崩壊後
織田家に降伏した真田氏ですが
意外なことに
処罰はありませんでした。

 

信長は、武田一族や
それに近い甲斐の豪族は
徹底的に処断しましたが

真田氏など、それ以外の
旧武田家臣はそのままにして
家臣団
組み込んだのです。

 

そして真田氏は織田軍の
一翼を担うことになりますが
それも長くはありませんでした。

 

武田滅亡から少し後
本能寺の変が起こり
織田信長は自害

それとほぼ同時に
織田家関東方面軍を率いる
滝川一益が北条家に大敗したことで
織田家は関東、甲信越地方での
影響力を急速に失っていきます。

 

旧織田家臣団は
関東や甲信越どころの話ではなく
自然のなりゆきに従って
真田氏は自立していくことになります。

 

なので、真田氏が
信長の家臣であった時期は
1年もありませんでした。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


16件のコメント

  • りんか

    正直あまり興味のない分野でしたが、このブログを拝見し歴史上の人物の偉大さに興味をもちました。

  • haruna

    見よう見ようと思いつつ見れてなかった「真田丸」。ドラマの基礎知識となる真田家と織田との関係や時代背景、時系列を知ることができたので、改めて見ようという思いが強くなりました。

  • だいき

    織田信長は偉大な人物ですね。

  • ちぬ

    真田が、織田の家臣団に入ったもののすぐ自立したということを初めて知りました。歴史に疎く、大河ドラマを観ても人間関係が理解できないことが多々あるので、こういった豆知識はありがたいです。

  • やまと

    織田信長と真田の関係について詳しく知らなかったので、これからが気になります。

  • なお

    織田信長と言えば「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」という言葉をよく聞いていてなんとなく強い人だったのかなーとは思っていましたが、この記事を読んでさらに納得しました。あと真田丸が処罰を受けなかったというところも、なんだかこの人の人格や運の良さ?のようなものが何かあったのかと彼自身にとても興味がわきました。ドラマ見てみたくなりました。

  • あい

    興味がますますわきました。
    知らないことがここで読めてよかったです!ありがとうございます。

  • 夢鳩

    織田の家臣団に真田家が加わっていたこと初めてしりました。歴史にIFは禁物ですが、もし、織田信長が本能寺で討たれなければ、真田の名前は別の形で有名になっていたのか、或いは一家臣として埋もれてしまい後世に名を残すことがなかったのか・・・色々想像を巡らすのも楽しいですよね。

  • にるへ

    知らないことが書かれていたので、とても参考になりました。面白い記事をありがとうございます。

  • FAM

    今期大河ドラマの「真田丸」って織田信長が生きていた頃のドラマだったんですね。
    家臣では無かったようですが、全く情報が無かったので初めて興味が湧きました。

  • まゆゆ

    今回の大河ドラマを見始めて、主人公以外の武将のことも知りたくて調べていたらたどりつきました。前回の「軍師官兵衛」でも信長が出ていましたが、主人公を取り囲む武将のことも知っていると、今後より興味深くドラマが見れそうです。参考になりました。

  • ひろぽん

    比叡山延暦寺の焼き討ち、当時の人からしてみれば、考えられない出来事でしたよね、きっと。第六天魔王と呼ばれるのも分かる気がします。
    明日の真田丸が楽しみです。

  • もめ

    真田丸、見ようと思っててまだ見てなかったので、
    これから見るのに参考になりました!
    さらに興味が湧きました。

  • r.nakanisi

    真田氏が織田氏の家臣であったということは初耳です。すると、真田の紋所、六文銭は織田信長が自称した第六天魔王の六から来ているのですか。興味がありますね。

  • 真田虫

    「真田丸」面白いので久し振りに大河ドラマを見ています。ちょうど織田につくことを決めたところですよね。
    日本史が好きなのですが、第六天魔王ということは知りませんでした。
    第六天魔王に降った六文銭というタイトルがカッコイイです。

  • ポテト太郎

    今年、大注目の大河ドラマ「真田丸」。それに関する記事でしたので、とても参考になりました!
    また、小栗旬くん主演映画「信長協奏曲」でも、本能寺の変を取り扱うので、とってもタメになる内容でした!

コメントを残す