真田丸ゆかりの人物【春日信達】武田四天王の息子~演・前川泰之


 
海津城城代の春日信達は
武田四天王の一人
高坂弾正昌信の次男です。

春日信達は、またの名を
高坂昌元といいますが
父・昌信も、高坂の姓を
名乗った期間は僅かであり

晩年を
春日虎綱と名乗ったことから
彼の正しい名乗りは、一般的に
春日信達となっています。
 

スポンサーリンク


春日信達の生い立ち

春日信達は、高坂昌信の
次男として生まれました。

 

武田家の
家臣として務めていましたが
武田家滅亡により、後は
織田家→上杉家と仕えました。

 

次男ですので、嫡流の
ラインではありませんが
長兄が長篠の戦いで戦死し
その後、父が他界したことで
家督と海津城の城代を継ぎます。

 

父は、勝頼の時代に
上杉家との外交交渉を
行っていましたので
信達もこれを継ぎ
甲越同盟を締結しました。

 

織田家時代には
森長可に仕えましたが
本能寺の変により
長可は信濃を離れたため
上杉家につきます。

 

この時、長可の美濃逃亡を
阻止しようとしますが
後に、長可の弟が
この行為を許さじとして
信達の一族を処分しています。

 

信達自体は
上杉家に仕えている頃
北条や真田との内通が発覚し
景勝に誅殺されました。

真田丸での春日信達

春日信達は、史実では
景勝の逆鱗に触れて
殺されたわけですが
真田丸の話の中では
信尹に刺されましたね。

 

まんまと昌幸の策に
ハメられてしまいました。

 

見せしめに
磔にまでされてしまって
悲運の人という印象でしたが
まあ、どんな形にせよ
上杉を裏切ったわけですから
その代償
大きかったというわけです。


スポンサーリンク


史実では、信達が
昌幸や北条氏直と内通していた
とされていますので
そこを、あのような形に
ドラマで描いてきた点は
面白いなと思いました。

 

しかし、この回における
昌幸と信尹の非情ぶりは
恐ろしいですね…

 

信繁も言ってましたが
同じ武田家に仕えた者同士の
繋がりや絆は
領地獲得やお家存命の前では
淡いものなのでしょう。

 

そんな時代ですね。

春日信達を演じる、前川泰之

真田丸で上杉家がおさめる
海津城の城代
春日信達を演じるのが
前川泰之さんです。

 

所属事務所は
オスカープロモーションです。

 

前川さんは1973年生まれで
主役の堺雅人さんとは
同い年になりますね。

 

元々は,長くファッション雑誌の
モデルさんをされていて
端正で甘いマスクは
武将の風貌からでも感じられました。

 

身長も186㎝で、いかにも
モデルという体格ですね。

 

脇役ではありますが
数々のドラマや
映画への出演歴がある方ですので
顔は拝見したことあります。

 

俳優経歴もさることながら
世間的に、あーこの人
と思わせるのは
元フジテレンビアナウンサーの
政井マヤさんの
旦那さんということですかね?

 

真田丸では
悲運の武将を好演されました。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す