真田丸第37回9月18日【信之】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第37回の感想を書かせて頂きます。

今回は、タイトル通り真田信之が活躍する回です。

真田親子と言えば、幸村と昌幸だけに脚光が当たることが多いですが
信之も侮れない男であることが、よく分る回だと言えます。
 

スポンサーリンク



回の初頭で、三成方が関が原で敗戦したショックから立ち直った昌幸は
半分やけになって徳川方の軍勢を攻撃し、勝利をおさめます。

 

しかし、これは戦略的に見て何の意味もありません。

 

決着がついている以上、いくら局地戦で勝っても、どうしようもないのです。

 

それをよく知っている幸村は、荒ぶる昌幸を止め、降伏を促します。

 

結果として真田家は降伏、城は開城します。

 

ここから、この回の主人公である信之の出番です。

 

まずい状況であることがよくわかっている信之は
さっそく徳川家康に会って、昌幸、幸村の命乞いをしようとするのですが
そこに舅である本多忠勝が現れます。

 

「殿を困らせるな」と命乞いを止められると思った信之は
忠勝を振り切って、強引に出立しようとしたのですが
それを忠勝に止められます。

 

この時、忠勝は徳川家の家臣としては信之を止めないといけないのですが
なんと彼は「わしも一緒に行こう」と、助命嘆願に協力してくれるのです。

 

これは意外な展開ではありますが、舅、息子の関係でいうなら
最高の関係である事は間違いありません。


スポンサーリンク


その点で言えば、信之が家康方についたことは、よかったと言えるでしょう。

 

そして、家康に会った二人は、猛烈な勢いで助命を乞います。

 

「どうしても助命を受け入れてくれないなら、信之と一緒に徳川と戦争するぞ」

とまで言いきった忠勝には、さすがに家康も根負けして
「真田親子の命はとらない」と二人に約束します。

 

家康が、真田親子の命を助けたのには別の意図もありましたが
この二人のしつこい助命嘆願が効いたことは間違いないでしょう。

 

その後、真田幸村、昌幸の親子は九度山に島流しになり
それと入れ替えに信之が真田の領土に入場しました。

(正確に言えば九度山は島ではありませんが
上田より不便な場所であったことは間違いありません)

その頃、関が原の戦後処理がおおむね終わった家康が
真田昌幸、幸村の親子に会い
強烈な嫌味を言ったところで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸で注目すべき点は、本多親子
(特に父親)と信之の、異常なまでの仲のよさです。

 

義理の息子のためにここまで出来る舅は、なかなかいません。

 

妻の稲姫も、徳川家の為でも本多家の為でもなく
夫である信之のために働いてくれています。

 

こんな舅と嫁に囲まれた信之は、果報者だと言えるでしょう。

 

そんな信之とは対照的に、九度山に流されてしまった真田親子が今度どうなるのか
来週の真田丸も楽しみです。

 

※この他にも第37回「信之」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第37回「信之」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す