真田丸第14回4月10日【大坂】感想とちょいネタバレ(女性)


 
今回の真田丸も
非常に見ごたえのある回でした。

上杉景勝のもとに
関白になった豊臣秀吉より
「大坂へ上洛せよ」との命が入ります。

景勝は「上杉家は決して
豊臣家に仕えることはない」
としながらも

前々回同様、実はそれが
強がりから出た言葉で
本当は拒否するだけの力が
ありませんでした。
 

スポンサーリンク



義に反するとしながらも
屈するしかない景勝が
真田源次郎に

「お前は私のようになるな」

と肩を叩きながら託すシーンは
まるで、親が子に
願いを託しているかのようで
考えさせられるものがありました。

 

上杉謙信の強かった時代が
今は衰退し、余力の無い様は
ジェットコースターのように
慌ただしく目まぐるしい
時代の流れを感じさせました。

 

徳川家に
囚われの身となっている真田信尹が
牢屋に入れられているにも関わらず
徳川家の重要な家臣である
石川数正を調略して
豊臣秀吉側へ行かせるシーンには
鳥肌が立ちました。

 

まさかそんなことが出来るとは
とても驚きました。

 

第一次上田合戦があったばかりで
徳川方の出方を
気にしていた真田方でしたが
信尹の兄である真田昌之が

「信尹がどうにかしてくれる」

と言った言葉が本当になり
真田家の策の通りとなったことは
相変わらず凄いと感じました。

 

この策は、予め
昌之と信尹で練ってあった
策のようですが、どうしてこうも
一歩先が読めた
策が練れるのだろうと
不思議でなりません。

 

素晴らしいの一言につきます。

 

上杉景勝の付き添いで
一緒に上洛した真田源次郎が
道中の豊臣側の城で
石川数正に会い

「裏切ってしまったものは仕方がない
前を向いていくしかない」

という内容を言ったシーンでは
冒頭に、お梅への気持ちが
引きずられている
真田源次郎自身への言葉とも取れ

伏線を回収した形となり
脚本家の三谷幸喜さんらしい
構成だなと思いました。

 

大坂へ行く折、たくさんの
新しい重要人物が登場しました。

 

石田三成、茶々
加藤清正、豊臣秀吉
です。

 

有名な人物の登場は
非常に気持ちが盛り上がります。

 

それぞれの人物に特化したような
詳しい内容は、今回の話では
出てきませんでしたが
次回以降きっと
出てくるだろうと思います。

 

上杉景勝と、そのお付きで
大坂へ行った真田源次郎。

 

今回のラストシーンで
豊臣秀吉と変わった会い方をし

「豊臣秀吉は
気に入った人物を手元に置きたがる」

という次回予告で終わっています。

 

今後、源次郎が
気に入られてしまうのか
上杉や真田にちゃんと戻れるのか
気になる終わり方です。

 

※この他にも第14回「大坂」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第14回「大坂」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す