真田丸ゆかりの地【蓮華定院】真田父子が幽閉された高野山


 
高野山にある蓮華定院は
真田昌幸・信繁父子が
高野山に追放された際に
蟄居したゆかりの寺院です。

高野山は女人禁制であることから
信繁の妻・竹林院(大谷吉継の娘)
は、ここには入れなかったため
九度山に置いてきました。

後に、昌幸と信繁も
九度山に身を移します。
 

スポンサーリンク


真田父子・高野山追放

そもそも昌幸と信繁は、なぜ
高野山へ追放されたのか?

 

まあ、有名な話ではありますが
簡単におさらいしたいと思います。

 

まず、関ヶ原の戦いで
敗れた西軍に
昌幸と信繁が味方していたため
その処罰として
高野山に追放されますね。

 

家康としては、2度の上田合戦で
真田家には、さんざんな目に
あわされてましたし
本来なら、首をはねられて
当然のところでした。

 

しかし、徳川側に味方した
信幸や、信幸の妻・小松姫
小松姫の父で
徳川重臣の本多忠勝らが
必死に助命嘆願します。

 

家康は当初、断固拒否しますが
もし、真田父子を処刑すれば
信幸も後を追うだろうし
忠勝も反旗を翻す可能性がある。

 

さらには、当家を去る家臣も
現れるかもしれないという
井伊直政らの説得により
家康は渋々真田父子を助命し
高野山追放を言い渡しました。

蓮華定院を行く

真田父子が身を寄せた蓮華定院は
真田の家紋「六紋銭」
使用することが認められた
寺院です。

 

蓮華定院の地図

 

入口の山門には、六紋銭が描かれた
大きな提灯が掲げられています。

 

蓮華定院は現在
宿坊となっていますので
多くの歴史好きや
真田幸村ファンの歴女たちが
訪れる人気の宿です。

 

宿泊すると、かつて
昌幸が使っていた部屋なども
見学できるようなので
これは歴史好きには嬉しいですね。


スポンサーリンク


高野山は、明治ころに
二度大火に見舞われましたが
蓮華定院は
災害から逃れたとのことで
菩薩寺としての格式を
今に伝えています。

 

寺院の裏には、信之と
真田二代藩主信政の墓があります。

 

墓所は境内の外にあるので
寺院を通らなくても行けるようです。

 

正面玄関から
本堂に向かう途中に見える
日本庭園は圧巻
外国人観光客にも人気が高いです。

 

真田の香りを
存分に感じられる蓮華定院
高野山を訪れた際には
ぜひ泊まってみたいです。

高野山を行く

平安時代、嵯峨天皇から
この地を与えられた空海が
修行の場を開いたことから
高野山は日本仏教の
聖地の一つとされています。

 

高野山 金剛峰寺HP

 

高野山は和歌山県北部
八葉の峰と呼ばれる峰に囲まれた
標高800メートルに位置する
平坦地の地域を指します。

 

八つの峰に囲まれた地形は、まるで
蓮の華が開いたような形をしています。

 

さすが聖地
という感じですね。

 

八つの峰とは

「今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳
姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山」

であり、高野山という名前の
単独の峰はありません。

 

私はこれを知るまでは
高野山とは普通に
一つの山だと思っていました。

 

世の中まだまだ知らないことは
たくさんあるものです。

 

日々勉強ですね。

 

高野山には、空海が作った
「壇場伽藍」という
根本道場を中心に
宗教都市が形成されており
この区画は、国の史跡であり
世界遺産のも登録されています。

 

ミシュランのガイドブックでは
高野山は三つ星を獲得しており
最高評価を受けている観光地です。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す