大河ドラマ真田丸12月18日【最終回】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸、最終回の感想を書かせていただきます。

今週の真田丸は、真田幸村と佐助が、内通者である
飯場のおじいさんを問い詰めるところから始まります。

なぜ内通したのかと問い詰める幸村に対し
おじいさんは、太閤に恨みがあったからと答えます。

そして、もう自分の仕事は終わったと言い残すと
おじいさんは潔く自害します。
 

スポンサーリンク



それを見届けた幸村は、圧倒的に劣勢な状況を覆すべく
最後の戦の準備を始めます。

 

そして、ついに
最後の戦いの火ぶたが切って落とされるのです。

 

真田隊とともに、大阪城の南を守っていた毛利隊に
本多隊が攻撃を開始、これを返り討ちにした毛利隊は
近隣の部隊を蹴散らし始めます。

 

これにより、徳川の本陣を守る鉄壁の布陣が突き崩され
本陣への道が開けます。

 

そこに真田方に内通の疑いがかかったり
色々なごたごたが降りかかりますが
それを押しのけた幸村は、ついに徳川本陣に突撃を開始します。

 

真田方の突撃に、後がない徳川方は必死に反撃しますが
真田方はそれを押し切り、徳川家康の本陣に押し入ります。

 

あわてた家康は、本陣を捨てて敗走
それを助けなければいけない秀忠の軍も
豊臣方である、大野隊に押し込まれ敗走
これにより徳川方は総崩れ状態になります。

 

このまま歴史が変わるのかと思われたその瞬間
豊臣方にとって悪いことが二つ起こります。

 

一つは、豊臣家の馬印を持っていた大野隊が
一度、城に引き揚げたことです。

 

大野隊が城に引き揚げたのは、豊臣方が勝っているので
最後の一押し(秀頼出陣)をするためだったのですが
これを見た周りの兵士たちは「豊臣方が負けている」と判断
負け戦につきあってられないと敗走を始めます。

 

さらに、内通者であるおじいさんが、最後の力を振り絞って城内に放火
この事態を見た徳川方は態勢を立て直し、戦の潮目が変わります。


スポンサーリンク


これを見た幸村は、徳川家康を討つために追撃を開始
なんと家康の陣に一人で切り込みます。

 

この突撃に、あわや家康は殺されそうになりますが
息子秀忠の救援により、九死に一生を得ます。

 

そして幸村は…

 

というところで、真田丸という物語は終焉を迎えるのです。

 

最終回の真田丸の見所は、やはり幸村の最後でしょう。

 

重大なネタバレになるので、ぼかしながら書かせていただきますが
大河ドラマで、こんな最終回は見たことがありません。

 

普通大河ドラマでは、どういう形であれ
主人公の死というものがしっかりと描かれますが
真田丸の最終回は、そういう最終回になっていません。

 

なので、いく通りもの解釈が成り立つ最終回になっています。

 

真田軍が徳川本陣に突っこんでいく

「これを見るために真田丸を見たかったんだ」

と皆が思う歴史的シーンから
非常に珍しい終わり方にいたるまで
最終回の真田丸は見どころだらけです。

 

もし、最終回を見逃した人は
土曜日に放映されている再放送を見るべきです。

 

この最終回は、それほどの出来だと自信を持って言えます。

 

なので、今まで真田丸を見たことのない人も
せめて最終回ぐらいは見るべきでしょう。

 

2016年大河ドラマ、真田丸は本当に面白いドラマでした。

 

2017年の大河ドラマも楽しみです。

 

※2017年の大河ドラマ おんな城主 直虎の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎の3分PR予告編

 

※真田丸「最終回」の視聴率(関東地方)は14.7%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す