真田丸第22回6月5日【裁定】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第22回の感想を書かせて頂きます。

今回の話は、真田と北条、そして徳川の大討論会から始まります。

真田と北条、双方が必死になって沼田城の領有権を主張し
その討論は、一進一退をたどります。

しかし、徳川が北条に差し出した梯子を外したことにより
真田が北条を論破することに成功します。

しかし、そこで真田が沼田城の領有権を認められ、めでたしめでたしとはなりません。
そこからは政治の話となってしまいます。
 

スポンサーリンク



豊臣方からすれば、北条は大勢力である上に、まだ傘下に入っていない相手なので
ここで貸しを作っておきたい相手です。

 

しかし、真田は既に傘下に入っている小勢力です。

 

北条を真田より優先するのは、当たり前と言えば当たり前の話です。

 

なので、沼田裁定は討論会の結果にかかわらず、北条有利の裁定が下ることになります。

 

しかし、真田の顔も立てて、沼田城は北条に奪われたものの
いくらかの領土は真田領として残ることになります。

 

真田と北条、両勢力の力関係から言えば、まあ御の字と言えるのですが
この裁定に不満を持ったのが、なんと北条家でした。

 

これだけ秀吉に借りを作ったのに、一向に上洛して
頭を下げるという形で借りを返そうとしないので、秀吉もイラっとしてきます。

 

それだけなら、火種を抱えたままで終わったのかもしれませんが
なんと北条家が、真田領である沼田周辺を実力で奪取してしまいます。
(これは北条氏政が命令したことではありませんが、結果的には同じことです)

 

これを聞いた秀吉は、北条を潰すことを決意
小田原征伐の準備を始めます。

 

そして次回に続くことになります。

 

今回の話を見ていて思うのは、北条家の無謀さです。

 

ここまで、北条が突っぱるというのは(歴史上そうなっているとはいえ)驚きです。

 

秀吉は、無茶なことや愚かな事もたくさんしてきた人間ですが
今度のことに関しては、筋が通っています。


スポンサーリンク


今回の真田丸でも秀吉は

「氏政には何度も手を差し伸べてきた」
「しかし奴はそれを拒んだ。もう戦争しかない」

と言い開戦の決意をしますが、勝手に戦争をしてはいけないという
惣無事令(そうぶじれい)をここまで見事に破られた以上
天下人として、そうするしかないでしょう。
(しかも何度も話し合いによる決着を拒んできた以上)

 

でなければ、「なんだ、惣無事令を破っても特に処罰はないのか」
と、他の大名に思われて、また戦国時代に逆戻りです。

 

だから、北条が戦争で城を奪った以上
(しかもその城を返すつもりがまったくない以上)
戦争になるのは止むを得ませんが、この流れは実に残念です。

 

もう少し、北条氏政に先見の明があったらと思わざるを得ません。

 

ついに次回は、小田原征伐の回となります。

 

次回の真田丸も楽しみですね。

 

※この他にも第22回「裁定」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第22回「裁定」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す