真田丸ゆかりの地【真田本城】標高890mの山城にアクセス


 
真田一族発祥の地とされる
長野県上田市真田の真田本城。

真田の郷を見下ろす
山の上に建つ山城で
松尾城の名前でも知られています。

上田城の完成まで
真田氏の本拠とされてきましたが
分かっていない部分も多い
謎の城でもあるのです。
 

スポンサーリンク


真田本城の歴史

この辺りは上田市と合併する前
小県郡真田町で、真田の郷
と呼ばれていました。

 

築城したのは真田幸村の祖父
武田信玄に仕えた
真田幸隆です。

 

築城年は1532~1555年の
天文年間とされます。

 

しかし、発掘調査で
鎌倉時代とみられる
古い様式の
縄張りが見つかっており
城自体はかなり古くから
存在していたようです。

 

幸隆以前の真田一族も
戦時の防御拠点に使用していた
との説も出ています。

 

周囲には
松尾古城などの支城があり
敵に攻め込まれた際
真田盆地を囲む山々を
防御拠点としていた
と考えられます。

 

山のふもとには真田氏館があり
平時の政務はここで執っていました。

 

幸隆は信濃の豪族村上義清らとの
海野平の戦いに敗れて国を追われ
信玄に仕えて領地を奪回しますが
このとき真田本城がどうだったかは
記録に残っていません。

戸石城を望む

真田本城から見て
真田盆地の対峰にあるのが
戸石城です。

 

村上氏はこの戸石城を
小県郡支配の拠点としていました。

 

信玄は南信濃から北信濃へ
勢力を伸ばし村上氏と対立します。

 

しかし、1548年の上田ヶ原の戦い
1550年の戸石城攻めで
村上氏に苦杯を喫し
北信濃が攻略できませんでした。

 

そこで信玄は
北信濃に人脈を持つ幸隆に
攻略を命じます。

 

幸隆は信玄の期待に応え
調略によってたった1日
戸石城を攻略しました。

 

これにより、北信濃が
信玄の勢力下に入るとともに
幸隆の出世街道が始まります。


スポンサーリンク


もともと信玄は
農民の出の高坂昌信
浪人の山本勘助ら
才能のある武将を
身分の上下にかかわりなく
重用してきました。

 

幸隆も外様でありながら
信玄のお気に入り武将となります。

 

やがて西上野の攻略などで
譜代の重臣と変わらない
扱いを受けるようになり
真田氏の礎を築いていくのです。

 

そのきっかけとなったのが
戸石城でした。

交通アクセス

真田本城へは、信越自動車道
上田菅平インターチェンジから
車で15分

 

長野新幹線の上田駅から
バスも出ています。

 

真田本城跡の地図

 

真田本城は真田の郷からなら
どこからでも見渡せますが
山城なので、歩いて登るのには
結構体力が必要です。

 

ちょっと体力が心配なら
集落を左に大回りすると
城の中まで車で行けます。

 

城へ入ると、比較的なだらかで
石段はありませんから
高齢者や足の悪い人でも
ゆったりと散策できるでしょう。

 

本城主郭跡には
「真田氏本城跡」と書かれた
標柱が立っています。

 

二郭、三郭との間は
段差が存在するだけで
明瞭な堀切は見えません。

 

ただ、周囲の傾斜はかなりきつく
守りやすく攻めにくい構造の
城であることが分かります。

 

三郭からは真田の郷が一望でき
遠くに戸石城も目に入ってきます。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す