真田丸の計略【真田三代】戦国時代を生き抜くために


 
2016年大河ドラマ真田丸は
信州真田家を舞台にしたドラマです。

普通大河ドラマの主役になる家は
織田とか豊臣など
強大な家が多いのですが
この信州真田家は
決して強大な家ではありません。

織田や徳川と比べれば
吹けば飛ぶような弱小勢力です。

その弱小勢力が
どうやって戦国の世を
生き延びたのでしょうか?
 

スポンサーリンク


真田幸隆と武田信玄

真田家と言えば
有名なのは昌幸と幸村
ついで信之といったところですが
昌幸の父親である
真田幸隆を忘れてはいけません。

 

真田幸隆は信濃の豪族で
武田信玄が信濃に進出してくると
それに仕えました。

 

信濃先方衆として
調略で活躍した
と言われています。

 

彼の調略活動で
もっとも大きな戦果を挙げたのが
戸石城の戦いです。

 

武田軍は信濃の有力者
村上氏の居城である
戸石城を攻撃しますが
いわゆる戸石崩れにより
武田軍は敗れ、大打撃を受けます。

 

翌年、もう一度
武田軍は戸石城を攻めますが
先の大敗により苦戦が予想されました。

 

そこで真田幸隆が
あちこちに調略をしかけ
裏切り者が相次いだことにより
戸石城はわずか一日で陥落し
村上氏の力は大きく弱体化

後の武田信玄の
信濃制覇につながっていきます。
 

それに大きく貢献したのが
この真田幸隆なのです。

真田昌幸と徳川家康

真田昌幸は
幸隆から受け継いだ真田家を
最終的には大名にした傑物です。


スポンサーリンク


昌幸も幸隆同様
武田家に仕えますが
武田家は信玄の死と共に弱体化
滅亡します。

 

その後昌幸は独立に成功しますが
独力で領地を守るのは難しく
北条、上杉、徳川と
組む相手を次々に変えて
生き延びます。

 

その後徳川家康と不仲になり
徳川軍による上田城攻めを招きます。

 

この時、八千近い徳川軍に対し
真田軍はわずか二千しか
動員できませんでした。

 

しかし、真田昌幸は
迫り来る徳川の大軍を巧みにさばき
徳川軍を敗走させることに
成功したのです。

 

徳川の大軍を追い返したことで
真田家の名は天下にとどろき
豊臣政権で大名として
認められる一つの要因になります。

 

ですが、この時に出来た
徳川との因縁は
息子の幸村に引き継がれていくのです。

真田幸村と徳川家康

真田幸村は昌幸の息子ですが
豊臣政権内では
特にこれといった戦果は
挙げませんでした。

 

彼が始めて大きな戦果を挙げたのは
関が原の戦いの前哨戦である
第2次上田城の戦いです。

 

この時真田幸村は
親である昌幸とともに奮戦し
わずか三千の手勢で
十倍以上の徳川軍相手に時間を稼ぎ

彼らを関が原の戦いに遅参させる
と言う大戦果を挙げました。

 

しかし、関が原で西軍が敗れたため
真田親子は領地を取り上げられた上に
九度山に蟄居となりました。

 

それから十数年たち
徳川が豊臣を滅ぼす
最後の大戦が始まった際
彼は再び立ち上がり
徳川家康の大軍を相手に奮戦します。

 

彼は数千の手勢と共に
大阪城外の出丸、真田丸に立てこもり
他の豊臣軍と共に
徳川軍の猛攻を何度も押し返しました。

 

そして続く大阪夏の陣では
真田幸村は徳川家康の本陣をつき
徳川家康を敗走させることに成功します。

 

その後徳川方が盛り返し
彼は戦死しますが、その奮戦ぶりは
「真田日本一の兵」として
後世まで称えられることになります。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す