真田丸ゆかりの戦い【関ヶ原の戦い】の場所は何県にあるの?


 
大河ドラマ真田丸において
1つの山場となり
歴史の転換点ともいえる
関ヶ原の戦いについて
どこまでご存知でしょうか?

歴史の授業で学ぶため
聞いたことがないという人は
いないと思います。

しかし、日本の何県で
起きた出来事なのか?

すぐに思い浮かべることが
出来るでしょうか?

岐阜県が正解なのですが
私はすぐに出てきませんでした。

意外と曖昧にしか覚えてない
関ヶ原の戦いについて
真田丸をより楽しむために
振り返ってみましょう。
 

スポンサーリンク


関ヶ原の戦いとは?

関ヶ原の戦いは
安土桃山時代の
慶長5年(1600年)
関ヶ原の地を主戦場として
行われた合戦を指します。

 

日本の諸国大名が
東軍、西軍に分かれ衝突した
日本最大の合戦であり
天下分け目の戦い
と呼ぶに相応しい戦いでした。

 

諸説ありますが、両軍の兵士数は
東軍が89000人、西軍83000
と言われていますから
とてつもない数の兵が、この合戦に
参加したことがわかります。

 

大河ドラマ真田丸では
内野聖陽さんが
徳川家康を演じていますが
この家康を総大将とした
東軍の中でも

徳川家家臣の本多忠勝や
豊臣秀吉に仕えていた福島正則
柳生新陰流で馴染みのある
柳生宗矩などが
有名な武将として挙げられます。

 

対して西軍は、毛利輝元を
名目上の総大将としていましたが
実質は、秀吉の部下だった
石田三成を中心とした軍で
薩摩の島津や
土佐の長宗我部も参戦しました。

 

そして真田丸の主人公である
真田信繁(幸村)、その父真田昌幸は
西軍に味方して戦いました。

 

こうした両陣営が
陣を構えた関ヶ原の戦いですが
決着までにかかった時間は
わずか一日となっています。

 

合戦当初は、西軍が
優勢の状況でしたが
東軍の調略により
西軍所属の小早川秀秋が
寝返ることになります。

 

裏切り者のとなってしまった
小早川秀秋ですが
この人物の行動に続くようにして
他の武将たちも東軍側につき
西軍は総崩れとなり敗走
徳川家康率いる東軍の勝利が
決定しました。


スポンサーリンク


こうして勝者となった家康によって
日本は統一され
江戸幕府が開かれたわけですが
もし関ヶ原での結果が違っていたら
現在の歴史はどう変わっていたのか?

 

そう考えると
怖いような、寂しいような
不思議な気持ちになります。

関ヶ原の場所はどこ?

かつては美濃の国と呼ばれていた
岐阜県不破郡関ケ原町にて
関ヶ原の合戦は行われました。

 

現在では観光地となっており
天下分け目の戦いの地を
実際に感じることができる
歴史通にはオススメのスポットに
なっています。

 

関ケ原合戦の資料が展示されている
関ケ原町歴史民俗資料館や
合戦の陣跡など
見るべき場所はたくさんあり
回りきれないかもしれません。

 

13のコースに分かれていて
見たいスポットや
散策時間に合わせて巡ることを
おすすめします。

 

都会ではなかなか感じられない
自然あふれる土地でもあり
歴史探訪以外でも
ゆったりした時間を満喫できます。

 

食事処や宿泊施設なども
充実していますので
ぜひ一度、関ヶ原へ。

交通アクセス

岐阜県不破郡関ヶ原町への
アクセスをご紹介します。

 

関ヶ原合戦決戦地の地図

 

最寄り駅は
関ヶ原駅となります。

 

東京からは
東海道新幹線で約2時間
大阪からは
同じく東海道新幹線で
約40分となっています。

 

車でアクセスされる場合
高速道路の降り口は
関ヶ原インターチェンジ
です。

 

参考までに
高速道路を使用した場合
所要時間は
東京から約5時間
大阪からは
約2時間となります。

 

アクセスにかかる時間を見ると
交通手段の発達していない戦国時代に
日本全国から兵が集まり
合戦が行われたということが
嘘のようですね…

 

東北や九州の
領土を持つ大名もいたわけで
立地の問題も
大きな要素だったと思います。

 

西軍が合戦当初優勢だったのは
地形的に、有利な位置に
陣を構えることが出来たから…
交通アクセスという点で
有利だったかもしれません。

 

関ヶ原に向かわれる際は
こういったことを考えてみても
面白いかもしれません。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す