真田丸第21回5月29日【戦端】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸第21回の感想をここに書かせて頂きます。

今回の真田丸で、一番インパクトのあるシーンをあげろと言ったら
それは本多忠勝と真田信之、そして稲姫のやりとりでしょう。

娘に会いにきた忠勝に
「数日前に来ただろ、また来たのかよ」と(本多忠勝に聞こえない場所で)
悪態をつく信之には爆笑しました。
 

スポンサーリンク



その後信之が、稲姫と本多忠勝に会いに行こうと

「ご無礼つかまつる」

と言いながら2人のいる部屋に入ろうとすると

「無礼だと思うなら入ってくるな」

忠勝の痛烈なつっこみには、さらに笑いました。

 

喜劇作りに定評のある三谷氏が、脚本をやっているだけあって
この辺のコント的な流れが実に面白いです。

 

その後、場面を変え、また沼田問題が再燃します。

 

北条は上洛するための条件として、真田領沼田を北条領にしろと要求し
真田はこれを、はねのけようとします。

 

冷静に考えれば、弱小真田家はともかくとして
関東地方の大半を収める大北条家から見たら
沼田ごとき小さな領土、さほど重要ではないはずなのですが
これが原因で大火事が起こることを考えると
「事実は小説よりも奇なり」としか言いようがありません。

 

弱小真田家は、北条に物量勝負でこられる事も
秀吉を怒らせる事も困るので
沼田はあくまで、自分の家の領土と言う立場を堅持しながら
秀吉の前でとことん主張することにしました。(ようするに裁判です)

 

昌幸は

「なんで北条にうちの領土をとられなきゃいけないのか」

とカンカンですが、幸村に必死に説得されたこともあり
(それに何も反撃しなければ、自分が不利になるだけなので)
秀吉の前で北条側の使者を論破して、沼田領有の正当性を
秀吉にも、家康にも、北条にも認めさせようとします。


スポンサーリンク


そして昌幸の代理として幸村が
北条氏政の代理として板部岡江雪斎が現れ
さらに徳川家康の代理として本多正信も現れます。

 

この3人が、睨み合うような位置取りで座っていると
裁判官である関白豊臣秀吉が現れます。

 

そしてついに、運命の裁判が始まるのです。

 

今回は、次から来るであろう激動の嵐の前の、溜めの回と言える回でした。

 

これから北条征伐、ブラック化が進む秀吉、秀吉の死去、上田城の戦い、関が原の戦いと
怒涛の如く歴史の流れが押し寄せます。

(文禄、慶長の役は、真田家はさほど関係なかったはずなので
黒田官兵衛の時とは違いさらっと流すくらいでしょう)

ここまでは割とゆるゆるした流れでしたが
そろそろ流れが激流に変わってきます。

 

歴史の激流に立ち向かう一隻の船「真田丸」
この船がどう航海していくのか、次回も楽しみです。

 

※この他にも第21回「戦端」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第21回「戦端」の感想(女性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す