真田丸ゆかりの人物【武田信玄】勝頼に託した無敵の騎馬軍団


 
戦国時代で
一番有名な武将と言えば
織田信長か徳川家康でしょうか?

しかし、戦国時代で
一番強かった武将と言えば
この2人ではなく
武田信玄の名前が
挙がることが多いです。

では、武田信玄という武将は
どんな人物だったのでしょうか?
 

スポンサーリンク


武田信玄という武将

武田信玄は甲斐の戦国武将で
戦国最強と言われた
軍団を率いた事で有名です。

 

上杉謙信、北条氏康
徳川家康といった
一流の武将を相手に
互角、あるいはそれ以上の
戦いを繰り広げました。

 

特に、上杉謙信との
川中島の合戦
あまりにも有名で
山本勘助の啄木鳥(きつつき)戦法や
信玄と謙信の一騎打ちなど
様々な伝説を生み出しました。

 

そんな武田信玄は
最終的に甲斐、信濃、駿河の
三カ国を抑え、満を持して
上洛を開始します。

 

この時、領土を守るために
討って出た徳川家康の軍を
完膚なきまでに打ちのめし
武田の強さ
天下に見せ付けました。

 

精強な徳川軍団が
ここまでやられたのは
これが最初で最後です。

 

その後、抵抗できなくなった
徳川家康を尻目に
三河方面へ進軍しますが

そこで体調が急激に悪化
信玄は後を息子勝頼に託し
この世を後にします。

 

そして武田は
滅亡の道
転がっていくのですが
この2人の親子が
武田家に与えた影響は
どうだったのでしょうか?

信玄と勝頼

本来、武田信玄は
長男の武田義信を
後継者にするつもりだった
と言われています。

 

しかし、義信と信玄は
同盟国である今川家をどうするか
という点で意見が対立
関係が悪化します。

 

義信は廃摘となり
信玄はやむを得ず
勝頼に後を継がせたのです。


スポンサーリンク


そんないきさつがあって
信玄が勝頼が後を継いだとき
武田家中は磐石とは
言えませんでした。

 

満を持して出てきた
信玄の後継者と言うわけではなく

ピンチヒッター的な
立ち位置であったので
家臣を上手く
まとめられなかったのです。

 

家臣からすれば
なんでお前に
そんな偉そうに命令されるのか
という話になります。

 

それが後々まで尾を引き
長篠の戦いでの大敗や
武田の滅亡に繋がっていきます。

 

なので、勝頼に上手く権力を
バトンタッチできなかったことは
信玄のミスだった
と言えるかもしれません。

果たせなかった上洛

最後に、信玄の夢であった
上洛について説明しましょう。

 

武田家だけでなく
大勢の戦国大名が抱いていた夢が
上洛です。

 

上洛とは
軍勢を率いて京都にのぼり
天下に号令することですが
なぜ武田家は
失敗してしまったのでしょうか?

 

これは武田家が、甲斐と言う
都から遠く離れた
山国にいたことが大きいです。

 

上洛に成功した織田家の場合
尾張から京までは近いですし
周りの戦国大名も
今川家以外は
小粒な大名が多かったです。

 

しかし武田家の場合は
京都までの道のりが遠い上
周りの敵が
上杉、北条、徳川、今川、織田
など、ツワモノばかりです。

 

つまり、どう上洛しようが
強敵とぶつかる上に
都までの距離が遠いので
時間がかかってしまいます。

 

この地勢的な不利は
名将信玄といえども
どうすることも出来ず
結果として

武田は織田の
後塵を拝することに
なってしまったのです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す