真田丸を見る前に【真田太平記】を読んで池波正太郎の世界へ


 
2016年は大河ドラマ真田丸など
真田の話題で持ちきりですが
皆さんは真田太平記を
ご存知でしょうか?

真田太平記は有名な作家である
池波正太郎氏が書いた
歴史小説で、真田丸同様
真田家の戦いを描いています。
 

スポンサーリンク


真田太平記を読む

真田太平記とは
真田一族を中心にすえた
戦国歴史小説
真田昌幸、真田信之・真田幸村の
三人の親子を主人公としています。

 

真田丸と同じく
武田家が滅亡した辺りから
物語が始まり、大坂夏の陣が終わり
長男信之が松代に転封されたところで
物語が終わります。

 

忍者による諜報活動
焦点が当たっているところが
真田太平記の特徴で

忍者などの裏方の活躍が
生き生きと描かれています。

 

長男信之と次男幸村の両者に
焦点を当てて書かれているところも
特徴です。

 

普通の真田ものでは
派手な活躍をした次男幸村が
主人公としてスポットライトが当てられ
地味な長男信之は
脇役に回されることが多いですが

真田太平記は
両者が主役
であるところが魅力的です。

 

この真田太平記は
池波正太郎氏が作っていますが
池波正太郎氏とは
どのような人物なのでしょうか?

池波正太郎

池波正太郎氏は
司馬遼太郎氏と並び称される小説家です。

 

ただ、司馬遼太郎氏が
坂本龍馬など歴史上の英雄を
描くことを好んだのに対し

池波正太郎氏は
歴史上その他大勢
庶民を描くことを好みました。

 

有名な小説である剣客商売も
仕掛人藤枝梅安も
主人公は一般庶民ですし

鬼平犯科帳の主人公も
歴史上の人物とまではいえません。


スポンサーリンク


この真田太平記をメインとする
真田シリーズだけが
歴史上の人物を主人公としていますが

真田家は弱小大名であり
織田や豊臣のような
有力な大名ではありません。

 

だからこそ、池波正太郎氏が
描いたのだともいえます。

 

強大より弱小、権力者より
市井(しせい)の人々
描くことを好んだ作家
それが池波正太郎氏なのです。

 

その池波正太郎氏の代表作のひとつ
真田太平記ですが
実はドラマ版が存在します。

TVドラマ真田太平記

NHKが放映したTVドラマ
真田太平記は真田一族の戦いを
メインテーマとしており
そこは真田丸とかぶりますが
ひとつだけ
真田丸とは大きく異なる点があります。

 

それは原作小説同様
真田信之に大きなスポット
当てられていることです。

 

真田丸はあくまで真田幸村を
主人公とする物語ですが
真田太平記は
昌幸、幸村、信之が主人公です。

 

なので登場人物への
スポットライトの当て方が
両者でやや違います。

 

ちなみに真田太平記では
草刈正雄さんが
真田幸村を演じていますが

真田丸では幸村の父親である
真田昌幸を演じることになっています。

 

真田太平記は1985年から1986年に
放映されたドラマなので
その30年後に再び真田親子を
演じることになったわけです。

 

30年の経験を積んだことで得られる
円熟味ある真田昌幸の演技
きっと人々を魅了することでしょう。

 

※真田太平記のヒロイン
「遥くらら」さんを知っていますか?

真田太平記「遥くらら」宝塚から忍びの道へ

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す