真田丸と真田太平記【昌幸を演じる】2人の名優を比較する



 
真田丸と真田太平記
どちらも真田家のことを
中心にして描いたドラマです。

その2つのドラマ両方で
重要な役回りである
真田昌幸という人物

真田丸では草刈正雄氏
真田太平記では
丹波哲郎氏が演じています。

この2つの昌幸は
どこが違うのか?

2人の経歴と共に
見てみましょう。
 

スポンサーリンク


昌幸を演じる2人

真田丸で昌幸を演じる
草刈正雄氏は

モデルから俳優に転向した人で
ニ枚目キャラを主に
演じてきました。

 

ドラマ版真田太平記では
真田幸村を演じたことで有名です。

 

他にもドラマ「新選組始末記」
映画「沖田総司」
沖田総司役を演じてきました。

 

沖田総司は、物語では
強いイケメンキャラとして
描かれることがほとんどです。

 

そのように、主役級のニ枚目を
演じることが多い人です。

 

では、真田太平記で昌幸を演じた
丹波哲郎氏はどうでしょうか?

 

丹波哲郎氏は、ニ枚目から
わけのわからないキャラまでこなす
オールラウンダーな俳優です。

 

オカルトの知識も豊富で
丹波哲郎の大霊界という
本も出版しています。

 

なので、その引き出しの豊富さから
他の人には真似のできない
演技をすることが出来ます。

 

その2人が演じた真田昌幸が
どういうキャラクターだったのか
これから見てみましょう。

<丹波哲郎の昌幸

丹波哲郎氏の演じる昌幸は
昌幸でありながら
昌幸でないという
実に不思議な感じのする
キャラクターになっています。

 

歴史上の真田昌幸は
表裏比興の者
と呼ばれています。

 

これは老獪で
何をしでかすか分からない
策謀家に付けられる通り名です。

 

つまり彼は、徳川家康以上の
タヌキなのですが
丹波哲郎氏の昌幸には
そういう所が感じられません。


スポンサーリンク


代わりに、ユーモラスと言うか
コミカルと言うか
そういう味付けがされています。

 

では、軽いキャラなのかというと
そうではなく
ひとたびスイッチが入ると
重々しい策謀家
表裏比興の者
真田昌幸になるのです。

 

このように
軽さと重さの両面を持った
真田昌幸を演じられるのは
丹波哲郎氏だけでしょう。

 

では、真田丸で
草刈正雄氏が演じる昌幸は
どうでしょうか?

草刈正雄の昌幸

草刈正雄氏の昌幸は
丹波哲郎氏の演じる昌幸とは
また違った味付けがされています。

 

人前では本音を話さない
策謀家的な人間なのか

何も考えてないから
適当にものを言ってるのか
つかみどころがない
昌幸であるところです。

 

もちろん真田昌幸の
歴史上の立ち位置を考えれば
後者であるはずがないのですが
なぜかそう見えてしまうような
昌幸です。

 

脳ある鷹は爪を隠すという事で
これから老獪な本性を
発輝するのでしょうが

今のところ
どこかつかみどころのない
昌幸になっています。

 

丹波哲郎氏の昌幸は
軽さと重さ
二面性がありましたが

草刈正雄氏の昌幸は
いい加減な昌幸と
切れ者の昌幸という
二面性があるのでしょうか。

 

どちらにしても
丹波哲郎氏の昌幸とは
違った昌幸像
であることは確かでしょう。

 

※真田太平記のヒロイン
「遥くらら」さんを知っていますか?

真田太平記「遥くらら」宝塚から忍びの道へ

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す