真田丸第44回11月6日【築城】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸、第44回の感想を書かせて頂きます。

今回のテーマは、タイトル通り築城です。

ドラマのタイトルにもなっている伝説の出城
真田丸がついにドラマに登場します。

ですが、そこに至るまでの間に、また一悶着あります。

それを描いているのが、この第44回「築城」なのです。
 

スポンサーリンク



この回の初頭で、真田幸村は篭城戦で勝つならこれしかないと
大坂城の南に出城を作る策を披露します。

 

その策は、浪人5人組の賛同を得ますが
ここで、浪人を雇っている豊臣側が足を引っ張ってきます。

 

そんなところに出丸を築かれては
(裏切られかねないので)怖いというわけです。

 

このままでは、徳川方にやられる前に味方にやられてしまうので
幸村は豊臣方で最も発言力の高い、淀殿を説き伏せようとします。

 

しかし淀殿は

「あなたは信用出来るけど、他の浪人は信用できない」

この1点張りで、取りつく島もありません。

 

そんな状況下で進退窮まった幸村ですが
豊臣方にも、話が分かる親幸村派の武将がいたので
親幸村派の武将と組みながら、勝手に出城を作ることにしました。


スポンサーリンク


幸村は大急ぎで工事を始めて、徳川軍が来る前に
出城を完成させようとするのですが、ここで織田有楽斎をはじめ
反幸村(というか反浪人)派が圧力をかけ、強引に工事を止めてきます。

 

その結果出城を作るのか、それとも作らないのか
親幸村派と反幸村派との間で激論が起こりますが
最終的に、豊臣秀頼が浪人たちに

「お前たちを信じる、存分に工事をしてくれ」

と裁定を下したことで、この出城問題はようやく決着します。

 

そして、徳川方の武将たちが大坂近辺に続々と着陣し
事態が風雲急を告げる中、ついに真田丸が完成
その雄姿を見せ付けます。
(この時に、家康が新米兵士たちに戦い方を指導するシーンや
秀忠に「そんなに早く来てどうするんだ」と叱りつけるシーンなど
徳川陣営のエピソードがいくつか挿入されます)

 

赤い鎧を着込んだ赤備えの真田武者、雄雄しくそびえ立つ六文銭の旗
そして雄大な真田丸、我々視聴者が真田と聞いてイメージする姿そのものが
バーンと出てきたところで、今週の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸の見所と言えば、真田丸完成のシーン

 

これしかありません。

 

大阪冬の陣で、徳川方が猛攻をかけても落ちなかった伝説の出城
それがバーンと出てくるところは、この回だけでなく
真田丸全体の中でも、屈指の名シーンと言えるでしょう。

 

大坂冬の陣の中で、もっとも激戦となった
そして真田幸村が天下に武名を轟かせたのが、この真田丸の戦いです。

 

その真田丸の戦いが描かれる次回、本当に楽しみです。

 

※この他にも第44回「築城」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第44回「築城」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す