真田丸ゆかりの地【砥石城】と武田信玄を破った男・村上義清



 
砥石城は信濃国にあった山城です。
真田昌幸の父・幸隆が
築城にあたったと言われる城です。

この城を長く所有していたのは、
信濃の豪族・村上義清です。

後に真田昌幸も城主となる
この砥石城は、信濃方面侵攻の
重要拠点として、武田信玄が
執拗に狙った城でもあります。
 

スポンサーリンク


砥石城とは?

信濃・小県郡に位置する砥石城。

 

断崖を利用した
天然の要害であったこの城は
まるで砥石が連なった様子
似ていることから
砥石城と名付けられました。

 

長い間、武田家と村上家が
争奪戦を繰り広げた城です。

 

この後で紹介する
砥石崩れ
舞台になった場所です。

&nbsp

元々、この城を築いたのは
真田幸隆とされていますが
砥石崩れの翌年、信玄の名で
城の攻略を任された幸隆が
この城を落とし
奪還する形になります。

 

激しい戦地となったこの城ですが
現在は登山道なども整備され
美しい山間の景色を
一望できる場所となっています。

 

城跡には、土塁や堀の跡なども
見ることができ、歴史と風景に
ふれられるスポットです。

 

なお現在、この砥石城とほかに
枡形城、戸石城、米山城の
4城を複合して
「戸石城」と呼びます。

 

砥石城跡の地図

 

信玄を破った義清

村上義清は元々は
信濃の北部に居た豪族でした。

 

小県郡を支配していた
海野家と対立していた義清は
同じく対立していた
武田信虎と同盟を結び
海野家や真田幸隆らを敗走させます。

 

こうして義清は、小県郡と
砥石城を手に入れます。

さて、武田家では信玄が
信虎を追放し実権を握ると
同盟を組んでいた信濃方面の
諏訪氏や村上氏と手を切ります。


スポンサーリンク


これにより信玄は
信濃を侵略するために
義清を攻めますが
義清は見事これを打ち破ります。

 

上田原の戦いです。

 

信玄にとって、戦で負けたのは
これが初めてのことです。

 

天晴れ、村上義清ですね。

 

体勢を立て直した信玄は
再び信濃へと侵攻します。

 

こうなったら
信玄にも意地がありますよね。

 

そして両者の第二ラウンド
砥石城の戦いが幕を開けます。

信玄と砥石崩れ

信濃方面を手に入れたい信玄。

 

そのためには
砥石城を手に入れたい…

 

しかし砥石城は、天然の要害であり
一度苦汁を飲まされた
憎き村上義清がいます。

 

まず、信玄は大軍を率いて
砥石城を包囲します。

 

そして十分に警戒に務めた信玄は
攻撃に出ますが、そこは断崖の要害
そう簡単に城へは辿り着けません。

 

村上軍は、石や熱湯
武田軍へ浴びせます。

 

ゲーム信長の野望でも
投石とか熱湯を浴びせられるのって
キツイですよね。

 

しかも、崖を登ってるところを
上から容赦なくですから
考えただけでも怖いです。

 

ところで、この時村上義清ですが
別の豪族たちと合戦中で
砥石城にはいませんでした。

 

信玄が砥石城を包囲している
という噂を耳にした義清は
急いで砥石城へ向かいます。

 

これで義清が背後から武田を突けば
挟み撃ちとなり武田家は万事休す。

 

義清到着前に
それを察した信玄は
やむなく撤退します。

 

ほぼ無傷の村上家に対し
多くの兵を失った武田家。

 

信玄にとって
屈辱の大敗となったこの戦は
砥石崩れと呼ばれています。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す