真田丸ゆかりの地【上田城の戦い】に敗れ続けた徳川


 
戦上手で知られる真田家ですが
その中には徳川軍を退け続けた
歴史も含まれます。

中でも2度にもわたる上田合戦で
圧倒的な兵力差を跳ね返し続けた
戦歴も含まれています。

特に第二次上田合戦では
10倍以上の兵力差を跳ね除けた事で
戦上手としての名がより広く
知られるようになりました。
 

スポンサーリンク


第一次上田合戦

天正10年(1582年)に行われた
織田信長の甲州征伐により
武田家は滅亡し

武田家配下だった真田家は
使える主を変えながら
生き延びていました。

 

しかし、徳川配下になった際に
領地の交換を言い渡されると
真田昌幸は
徳川から与えられた領地でないことから
これを拒否し
徳川家と敵対する上杉家と通じ
徳川に攻められる結果になります。

 

天正13年(1585年)真田家と徳川家の
戦の火ぶたが切って落とされます。

 

兵力差は3倍以上ある状態でしたが
真田昌幸は上田城の守りを手薄に見せかけ
徳川群を二の丸奥まで進ませます。

 

ここで一気に反撃に転じ
多くの兵を打ち取ります。

 

さらに、撤退しようとする徳川軍に対し
真田家長男の信幸が戦に加わり
ついに徳川軍は壊走することになります。

 

こうして、真田家は徳川軍を退け
徳川家は家臣と真田家の
血縁関係を結ばせることで
戦争ではなく懐柔策で
真田家を抱き込もうと
方針転換することになるのです。

第二次上田合戦

慶長3年(1598年)豊臣秀吉が死去し
豊臣政権下で強い権力を握っていた
徳川家の発言力は
ますます増していきます。


スポンサーリンク


その状況に危機感を感じた
石田三成を中心とする反徳川勢力は
毛利輝元を総大将として挙兵し
西軍として徳川家に戦いを挑みます。

 

この際に真田家の昌幸は
次男の信繁と共に
西軍に味方します。

 

長男の信幸は東軍に味方する形となり
西軍東軍で親子が敵味方で
分かれる形となります。

 

第二次上田合戦は
西軍側となった昌幸、信繁と
徳川秀忠率いる東軍の戦いとなります。

 

その戦力差は10倍以上のため
秀忠は戦を避けて
開城するように勧めますが
昌幸は何かと理由をつけて
返事を先延ばしします。

 

そして、おもむろに
戦の準備のため時間を稼いでいたと
秀忠に書簡を送り激怒させます。

 

秀忠の配下は真田家を無視して
主戦場を目指すべきだと進言しますが
秀忠は城攻めを開始します。

 

しかし、秀忠は初陣であり
真田家の堅い守りと
ゲリラ戦法に苦しめられることになります。

 

城を落とせないまま戦が続きますが
家康から書簡が届いた事から
秀忠は上田城を無視して
関が原に急がなければならなくなります。

 

しかし、真田家との戦だけでなく
道中の悪天候も災いしたことから
関が原に遅参すると言う
失態を犯すに至ります。

 

あくまで真田昌幸の目的は
時間稼ぎであり、その目的は
しっかり果たされたのです。

 

それどころか
多くの兵士を討つなど大戦果をあげ
またも徳川家に
煮え湯を飲ませることに成功したのです。

 

上田城跡公園の地図

 

真田に敗れ続けた徳川

真田家と徳川家の因縁は
さらに続きます。

 

この後の大阪城の合戦においても
真田家が西軍に味方する
と聞いた徳川家康は

真田昌幸と息子の信繁の
どちらが協力しているのか
真っ先に確認しようとした
と言う逸話も残っています。

 

実際に大阪の冬の陣に至っても
大阪城に増築した砦
真田丸を攻めて大変な痛手を受けます。

 

また、大坂夏の陣では
徳川本陣間近にせまられ
あわやと言う事態にまで
追い込まれるなど
大変な被害を受けました。

 

大阪夏の陣でも
味方の連携がとれていれば
徳川家康が討ち取られていた
可能性が指摘されているなど

近年の研究でも
真田家の戦上手ぶりは
高く評価されています。

 

真田家は徳川家を破り続け
それ故に評価を高めていったのです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す