真田丸ゆかりの人物【初恋の相手(梅)】主人公の心に黒木華


 
真田丸のもう一人のヒロイン。

若き信繁が恋した
つつましやかな女性。

真田の地侍である
堀田作兵衛の妹。

可憐でおしとやかながら
強い意志を持ち合わせる。

その名を「梅」。

ここではそんな梅の
気になる人物像に
迫っていきたいと思います。
 

スポンサーリンク


初恋の相手・梅

真田丸では真田信繁の
初恋相手として登場する
「梅」。

 

真田丸の脚本家
三谷幸喜さんのインタビューでは
梅は創作の人物だそうです。

 

とは言え、そのモデルになった
と思われる人物はいて
それが真田家臣である
堀田作兵衛の娘です。

 

この女性は信繁にとって
最初の子を産んだとされています。

 

立場的には側室でしたが
信繁が大谷吉継の娘を
正室として迎えるまでは
推測ですが、この女性が
正室の扱いにあったと思われます。

 

この女性に関して、その他には
産んだ子の名が「阿菊」
というくらいしかわからず
史料が乏しいです。

 

ちなみに娘の名は
「菊」と書いて
「すえ」と読みます。

 

父である堀田作兵衛は
信繁に対し非常に忠実であり
大坂の陣では
信繁と共に奮闘した末
討ち死にを果たしました。

真田丸での、梅の活躍

では、真田丸における
梅について書きます。

 

梅は堀田作兵衛の
妹として登場します。

 

モデルの女性が
本来は作兵衛の娘ですから
早くも相違点があります。

 

堀田作兵衛も
本来は真田家臣でしたが
作品中では農民?
なんでしょうか
武士ではないように思えます。

 

このあたりはストーリー展開上
策を練っているんだと思いますので
今後どう信繁と絡んでくるのか
わくわくしますね。

 

信繁は、梅に恋心を抱いていて
梅もそれに気づいている様子です。


スポンサーリンク


序盤での若い二人は
お互い思い合う仲であり
一緒にいる時も
仲睦まじい雰囲気ではあります。

 

しかし梅は、身分の違いから
なかなか踏み切れずにいるようで
やはりこの時代の恋愛事情の壁を
思わずにはいられません。

 

この先の展開として
信繁と梅は結ばれるのでしょうが
なんといっても創作上の人物
おもしろい展開を期待したいです。

梅を好演、黒木華

真田丸で、主人公真田信繁の
初恋の相手・梅を演じるのが
黒木華さんです。

 

「くろきはな」さんと
間違えて読まれる方も
いらっしゃると思いますが
「くろきはる」さんが
正しい呼び方です。

 

黒木さんは、なにか懐かしいような
雰囲気を漂わせる女性ですね?

 

私はこの女性に、古き良き
和の面影をいつも見ています。

 

心地よい存在感を
持っていらっしゃいます。

 

梅は黒木さんそのもの
というイメージで
描かれている感じがします。

やさしく温かみがあり
素朴で純な空気感たっぷりの女性で
日本人男性は
こういうタイプの女性
好きな方多いんじゃないでしょうか?

 

信繁の気持ちがよくわかります。

 

そんな時代劇の雰囲気が
よく似合う黒木さんですが
意外にも大河ドラマは
これが初出演のようです。

 

今後の展開にも
大きく関わってくるでしょうし
とても楽しみです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す