真田丸ゆかりの地【真田丸跡】三光神社と心眼寺を訪ねる



 
皆さんご存知だと思いますが
2016年大河ドラマのタイトルは

真田丸です。

これは真田家を
1つの船に例えてつけたそうで
実は真田丸と言う城(出丸)は
実在しています。

これからその真田丸のことを
同じく真田丸にゆかりのある
三光神社と心眼寺と共に
ご紹介します。
 

スポンサーリンク


真田丸はどこにある?

真田丸は大阪冬の陣で
真田幸村が、大阪城の南方に築いた
出丸のことです。

 

真田軍は、この真田丸に布陣し
攻め寄せる徳川の大軍に
大打撃を与えました。

 

その後真田丸は、大阪冬の陣で
徳川と豊臣が和睦した際に
完全に取り壊されましたので
今はその
跡地すらありません。

 

なので、現在の我々は
真田丸の面影を
見ることすら出来ないのです。

 

では、この真田丸
どこにあったのでしょうか?

 

実は、真田丸の正確な場所は
今に至るまで分かっていません。

 

大阪冬の陣で、真田軍が城を出て
大阪城南方に布陣したことは
わかっているのですが

その正確な場所は
真田丸が完全に取り壊されたこともあり
よくわかっていないのです。

 

それでも残された資料から
ある程度の推測は出来ています。

 

現在の三光神社
心眼寺がある辺りに
真田丸が置かれていた
と言われています。

 

では、その三光神社と心眼寺とは
いったいなんなのでしょうか?

三光神社

三光神社は
18代天皇である反正天皇が
創建したと言われる神社で
天照大神など3神を祀っています。

 

三光神社公式HP

 

この神様が鎮座する丘は
真田山と呼ばれ、
ここに大阪冬の陣の際
真田丸が置かれたと言われています。

 

ちなみにこの神社には
大坂城から真田丸に続く
秘密の抜け穴があります。

 

真田丸が大阪城から孤立し
南に突出していることを考えると
ありそうな話ですが

実はこの抜け穴は
大阪の陣の後に作られたもので、
真田丸や真田家とは
何の関係もありません。

 

また、神社の中には
真田幸村の銅像が建てられています。


スポンサーリンク


心眼寺

三光神社から西に行くと
心眼寺というお寺があります。

 

この寺は、真田幸村とその息子を
弔うために建てられた寺なので
真田家とゆかりがあります。

 

この寺のあたりも
真田丸の一部であった
といわれています。

 

真田丸はそれなりに
広いので縦横に幅があります。

 

ちなみに心眼寺の門は
なんと真田家の家紋と同じ
六文銭です。

 

なので寺の門などにもきっちり
六文銭のマークが入っています。

 

また、真田幸村出丸城跡
と書かれた石碑が
寺の前に建っています。

交通アクセス

最後に、真田丸、三光神社
心眼寺に行くための
交通アクセスを紹介します。

 

三光神社と心眼寺の地図

 

大阪環状線、あるいは
大阪市営地下鉄に
玉造駅
という駅があります。

 

この玉造駅は、地下鉄とJRが
乗り入れている駅なのですが
その駅の地下鉄側2番出口から
南の方角に歩くと
すぐに真田丸跡地でもある
三光神社に着きます。

 

2番出口と三光神社は
目と鼻の先です。

 

そこから西の方に数分歩くと
心眼寺に到着します。

 

三光神社は見つけやすいですが
心眼寺は三光神社の敷地と
明星中学校グラウンドに
挟まれた場所にあるので
少し見つけにくいかもしれません。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す