真田丸第40回10月9日【幸村】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第40回の感想を書かせて頂きます。

この回は、真田幸村のもとに
大阪から使者がやってくるところから始まります。

大阪からやってきた明石全登と片桐且元が
今の豊臣家の危機的な現状と、徳川家の横暴を語ったあと
なんとか秀頼公に力を貸してくれと頼むのですが
意外なことに、幸村はこれに対してつれない返事をします。
 

スポンサーリンク



「私は大軍を率いて戦ったことはないし
そもそも戦争そのものが好きではないのです」

 

そう言って、2人の頼みを断ります。

 

ここで、このまま幸村が大阪に行かず九度山に篭っていたら
そのうち(家康の死などにより)幸村の存在が忘れられ
全てが有耶無耶(うやむや)になっていたかもしれません。

 

そうなったら、幸村と家族は沼田に帰ることが出来たでしょう。

 

しかし、きりが

「ここで立ち上がらなくてどうするのか」

と、幸村に渇を入れたので、幸村は
昔の志を思い出して、もう一度だけ立ち上がることにしました。

 

(ここで今までの回想シーンがドーンと出てきます)

 

そして、大阪に行くことを決めた幸村は
自分の名前である信繁を捨て、真田左衛門佐幸村と名乗ります。

 

ここに、戦国武将真田幸村が誕生したのです。

 

そこで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸で注目すべき点は、幸村が自分の名を
「真田幸村」であると名乗っているところにあります。


スポンサーリンク


何を当たり前のことを言っているんだ、と思われるかもしれませんが
実は、真田幸村と言う戦国武将は存在しません。

 

彼は、最後の時に至るまで、真田左衛門佐信繁と名乗っていました。

 

彼が真田幸村と呼ばれるようになったのは
大阪の陣から何十年も経過してからです。

 

つまり、後世の人が勝手につけた名前が
あまりに有名になって、本名になってしまったのが
真田左衛門佐幸村なのです。

 

しかし真田丸では、自分で幸村という名前に改名してしまったので
これから彼は「私は真田左衛門佐幸村です」と名乗ることになります。

 

これまで彼が名乗ってきた、源三郎とか信繁とか左衛門佐(さえもんのすけ)もいいのですが
やはり、彼は後世の人(つまり我々)にとって、真田幸村です。

 

なので、これから彼が「幸村」
バシバシ名乗りを挙げてくれるのが、今から楽しみです。

 

「真田幸村」「真田の赤備え」「六文銭」「真田丸」そういった
我々がよく知っている真田幸村のキーワードが、どんどん揃ってきました。

 

このキーワードが全て揃った時、幸村は
我々にどんな姿を見せてくれるのか
どんな戦いを見せてくれるのか、今から楽しみです。

 

次回の真田丸も必見だと言えるでしょう。

 

※この他にも第40回「幸村」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第40回「幸村」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す