真田丸の前日譚【真田幸隆】は武田二十四将に数えられた知将



 
戦国時代の末期に
真田幸村ら名将を次々に
輩出した真田氏。

その礎を築いた人物が
武田信玄に仕えた真田幸隆です。

信濃の豪族の出身で
外様でありながら
権謀術数に秀でた才覚を
信玄に認められ
武田二十四将の1人に
数えられるまでになりました。

戦国時代の出世頭の1
人でもあるのです。
 

スポンサーリンク


知将、真田幸隆

幸隆は信玄の父信虎が
信濃に攻め入ったあと
上野に逃れ
亡命生活を送っていました。

 

信虎が信玄に追放されると
信玄に仕え、ここから真田氏の
隆盛が始まります。

 

信玄に
旧領を回復してもらった幸隆は
戸石城攻めで
その才覚を発揮します。

 

武田勢は1度、村上義清に
戸石崩れと呼ばれる大敗を喫しますが
再び攻め込んだときに
幸隆が知略を発揮して
たった一晩で城を調略したのです。

 

この戦で村上義清は
越後の上杉謙信のもとへ逃亡
戸石城を領地に加えた幸隆は
対上杉の最前線に
立つことになりました。

 

川中島の戦いでは
上杉本陣が置かれた妻女山の
夜襲に加わっています。

 

その後、白井城、獄山城など
西上野の上杉方の居城を
相次いで攻略し
西上野の拠点である
箕輪城代も務めました。

 

譜代の家臣並みの
扱いを受けたわけで
信玄がどれほど
幸隆に厚い信頼を寄せていたかが
よく分かります。

武田二十四将

武田二十四将は
信玄に仕えた武将のうち
後に講談などで
高い評価を受けた者が
選ばれています。

 

資料によって
メンバーは多少異なりますが
幸隆は、長男の信綱とともに
ほとんどのケースで入っています。

 

幸隆は外様にも関わらず
武田氏の本拠地、甲府に屋敷を構え
譜代の重臣並みの扱いを受けました。

 

「攻め弾正」とも呼ばれ
知略を使った戦上手ぶりが
信玄に認められていたのです。


スポンサーリンク


身分が低くても、浪人であっても
実力本位で登用していった信玄に
幸隆も心服していたのでしょう。

 

家紋の六文銭
後年、幸隆の三男昌幸や
その次男幸村の時代に
使うようになった
という説がありますが

幸隆がかつて仕えた
山内上杉家を見限り
信玄に主を変えたとき
採用したという説も残っています。

 

六文銭は
三途の川を渡るときの船賃
という不吉な紋章ですが
幸隆は、信玄を
死ぬ気で働ける主
と考えていたのかもしれません。

幸隆の息子たち

幸隆には多くの男子がいました。

 

その中でも有名なのが

 

長男の信綱
次男の昌輝
三男の昌幸です。

 

いずれも資料によっては
武田二十四将に入る名将です。

 

信綱、昌輝は武勇に秀でた
猛将として知られ
幸隆とともに
多くの戦に参戦しています。

 

しかし、信玄、幸隆が
相次いで死んだあと

長篠の戦いで
織田、徳川の連合軍に突撃し
討ち死にしました。

 

猛将らしい最期です。

 

昌幸は信玄の小姓を務め
甲斐の名門武藤家を
相続していました。

 

しかし、兄2人の戦死で
真田家に戻り、跡を継ぎました。

 

最後まで信玄の子勝頼に
忠誠を尽くしますが
武田の滅亡後は、一転して
真田存続のため主を変え続けます。

 

最後の主としたのが
豊臣秀吉。

 

秀吉の死後
石田三成と徳川家康が争ったとき
三成方につき

信濃の上田城で小勢のまま
徳川の大軍を打ち破り
父譲りの知将ぶりを
見せつけました。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す