柴咲コウと菜々緒の友情!【今川家の没落】おんな城主 直虎の感想



 
今回のおんな城主直虎は、走れ竜宮小僧というタイトル通り
次郎法師(柴咲コウさん)が色々なトラブルを解決するために奔走する回です。

井伊家と今川家の間に次から次へと現れるトラブルを
次郎法師はどうやって処理していくのでしょうか。
 

スポンサーリンク


松平元康(阿部サダヲ)が今川家を攻める

今回のおんな城主直虎は、小野政次(高橋一生さん)が
井伊家重臣である奥山朝利(でんでんさん)を
殺してしまったところから始まります。

 

理由はどうあれ、小野家の当主が奥山家の当主を殺してしまったことで
小野政次討つべしの声が井伊家中で高まりますが
小野家に嫁として入っていたしの(貫地谷しほりさん)の妹の仲裁などにより
何とか最悪の事態は回避されます。

 

幼馴染が死なずに済んだことで、次郎法師は胸をなでおろしますが
そんな次郎法師の前に、今度は別の大きな問題が現れます。

 

今川家の家臣であったはずの松平元康(阿部サダヲさん)が、軍を率いて
今川家の城に攻め入り始めたのです。

これに今川氏真(尾上松也さん)は激怒し
元康の妻である瀬名(菜々緒さん)を処刑するよう命じます。

 

友人である瀬名を守らねばならないと決意した次郎法師は
今川家で大きな勢力を誇る寿桂尼(浅丘ルリ子さん)と交渉を始めるのですが
ここでとんでもないニュースが舞い込んできます。

 

今川の城に攻め込んだ松平軍が、寿桂尼の孫を自害に追い込んでしまったのです。

 

このことで、寿桂尼との交渉は決裂し、もうどうにもならなくなった次郎法師が
ひたすら時間稼ぎをするところで、今回のおんな城主直虎は終わります。

次郎法師と瀬名との友情

今回のおんな城主直虎の見どころは、次郎法師と瀬名との友情です。


スポンサーリンク


瀬名は松平元康の妻なので、本来なら松平家が彼女を守らなければいけないのですが
このドラマに出てくる元康は、(政略結婚だからなのか)あまり妻に関心がないので
返還交渉を全く行いません。

 

やろうと思えば、今川家の城を攻めた時、そこにいる今川家の関係者を人質に取り
それと妻子を交換するという交渉も出来るはずですが
この元康は城を攻め取ることはしても、そういう交渉はまったくしません。

 

なので、元康のかわりに次郎法師が瀬名の命を守るために交渉を始めます。

 

史実では、次郎法師と瀬名が特に親しかったわけではありませんが
このドラマでは、「自分が死んでも構わない」くらいの勢いで交渉します。

 

その勢いと覚悟に、今川家の女傑寿桂尼も

「こやつ腹をくくってるな」

と感じいったほどでした。

 

孤立状態である瀬名にとって、唯一の味方といえる
次郎法師との関係がこの後どうなるのか、それ以前に
この絶対絶命といえる状況を2人がどうやって切り抜けるのか
それが分かる次回のおんな城主 直虎が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」の予告編

 

※第10回「走れ竜宮小僧」の視聴率(関東地方)は12.5%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す