大河ドラマおんな城主 直虎【第24回 さよならだけが人生か?】の感想



 
今回のおんな城主 直虎は、井伊家の近くにある
今川、織田、徳川という大国が、政略結婚という武器を使って
一斉に動きを始める回です。

これらの大国の動きに、井伊家は
そして当主である井伊直虎(柴咲コウさん)はどう立ち回るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


庵原家と新野家の縁談

今回のおんな城主直虎は、龍雲丸(柳楽優弥さん)に
井伊家への家臣入りを拒否されるところから始まります。

 

武士になるのは柄じゃないからという理由で
家臣入りを断られたことに、直虎はがっかりしますが
無理に家臣入りさせるわけにもいかないので
気持ちを切り替え色々な施策を始めます。

そうして戦国武将としての地力を蓄え始めた井伊家のもとに
今川家重臣である庵原家と、井伊家の親戚である新野家との
縁談の話が舞い込んで来ます。

 

井伊家は親今川というわけではありませんが
ここで断ると痛くもない腹を探られる(謀反の疑いをかけられるかもしれない)という
小野政次(高橋一生さん)の助言もあり、その縁談を受けることにします。

 

政略結婚であっても、結婚である以上
相手の人柄を見ておくべきだろうと考える直虎は
自ら相手の家に赴き、新野家の娘が嫁ぐことになる相手と面会します。

 

その結果、この男になら娘を任せても問題ないと判断した直虎は
上機嫌で家に帰ります。

 

その頃、徳川家と織田家の間に政略結婚が成立し
両家の同盟関係がさらに深まったところで、今回の物語は終わります。


スポンサーリンク


徳川家康(阿部サダヲ)と織田信長(市川海老蔵)

今回の見どころは、戦国の英雄であり
同盟相手でもある徳川家康(阿部サダヲさん)と
織田信長(市川海老蔵さん)の会見です。

 

急に岡崎にやってきた信長を前にして、家康は恐縮するのですが
そんな家康に対し

「お前何か小賢しいことをしてないか」
「そういうことをしていたら岡崎がどうなるかわからんぞ」

信長が脅しまくって来ます。

 

織田に無断で武田と結ぼうとしていた家康は冷や汗をかきながら

「私はあなたの弟のようなものなので、そんなことはいたしません」

と言い訳をし、その場をうまく切り抜けます。

 

これだけ見ると、恐怖の信長に震えあがる家康という
絶対的な上下関係があるように見えますが
家康も戦国武将らしくあちこちに手を伸ばしているので
(信長に脅されても手を伸ばすことをやめるわけではないので)
どこか食えないところがあります。

 

信長と家康、特に家康は、将来の井伊家に大きく関わってくるわけですが
この、小心なようでいてどこか食えない家康が
井伊家に、そして直虎にどのような影響を与えてくるのか
それが分かる次回以降のおんな城主 直虎が、今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」の予告編

 

※第24回「さよならだけが人生か?」の視聴率(関東地方)は12.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す