大河ドラマおんな城主 直虎【第30回 潰されざる者】陰謀の感想!



今回の物語は、再び井伊家が危機に陥ってしまう回です。

今までも井伊家は何度も危機に陥ってきましたが
今度の危機は、今は亡き今川の柱
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)の遺志が引き起こしたものなので
そう簡単に解決しそうにありません。

この危機を、井伊家の皆はどうやって乗り切るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


今川氏真(尾上松也)の呼び出し

今回のおんな城主 直虎は、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が
今川氏真(尾上松也さん)に呼び出しを受けるところから始まります。

 

呼び出した方久に対し氏真は、方久が持っている領地を安堵するかわりに
井伊家を取り潰す手伝いをしてほしいと頼んで来ます。

表向きは頼みでありますが、逆らったらどうなるか分かってるな
と脅してくる氏真の前に、方久は異議を唱えることが出来ませんでした。

 

その後、このままだとまずいことになると察知した方久は
知人の龍雲丸(柳楽優弥さん)に、身を隠したいから隠れる場所を用意してくれと告げ
気賀の町を去ろうとします。

 

しかし、龍雲丸と小野政次(高橋一生さん)に一杯食わされ
自分が今川家に味方していること、今川家の陰謀
それらすべてを白日のもとにさらすことになります。

 

その頃、井伊谷に
今川の使者である関口氏経(矢島健一さん)が現れます。

 

彼は、直虎に昔の徳政令の話を蒸し返し
今すぐ徳政令を行えと命じて来ます。

直虎は抗弁しますがどうにもならず
1日時間を稼ぐことしか出来ませんでした。

 

その日の夜、徳政令の対象になる百姓たちが

「今はもう徳政令を望んでいないから、徳政令を出すのはやめてくれ」

と関口氏経に懇願をはじめ
大混乱が起こるところで今回の物語は終わります。

今川につくことになった瀬戸方久(ムロツヨシ)

今回のおんな城主直虎の見どころは
窮地に追い詰められた瀬戸方久の行動です。


スポンサーリンク


彼は、井伊家のおかげで今の地位を手に入れたので
井伊家に恩のある立場ではありますが、あくまで彼は商人です。

 

なので彼は井伊家と運命を共にする必要はありません。

 

そんな方久が氏真に呼び出され、井伊家を潰すから味方になれと迫られると
彼は今川方につくことを選びます。

 

今川方につくことを選んだ方久の元に直虎がやってくると
彼は仮病を使って会うことを拒もうとしますが
そのやりとりが実にコミカルで笑えます。

 

井伊家の者でなくても

「お前何か隠し事をしてないか」

と疑いたくなるような怪しい態度をとりながら
直虎に応対する様は、本当におかしいです。

 

この人は商人に向いていないじゃないかと
疑いたくなるほどです。

 

直虎は鈍いので(というか部下を疑うタイプではないので)
その怪しい態度を追及されることはありませんでしたが
切れ者の小野政次には通じず、すぐに秘密を見抜かれてしまいます。

 

その後方久は

「こうなった以上今川家に味方するしかじゃないか」

と開き直り、井伊家との距離が少し疎遠になってしまいましたが
そんな彼がこの後どう物語に関わってくるのか
来週以降の物語が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第31回「虎松の首」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第31回「虎松の首」の予告編

 

※第30回「潰されざる者」の視聴率(関東地方)は11.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す