大河ドラマおんな城主 直虎【第23回 盗賊は二度 仏を盗む】の感想!


 
今回のおんな城主 直虎は、龍雲丸(柳楽優弥さん)
近藤康用(橋本じゅんさん)南渓住職(小林薫さん)
の3人を軸として物語が進みます。

領内の木を盗まれたことを根に持っている康用と龍雲丸との因縁に
いったいどのような決着が付くのでしょうか。
 

スポンサーリンク


近藤康用(橋本じゅん)が龍雲丸(柳楽優弥)を襲撃

今回のおんな城主 直虎は龍雲丸と因縁がある近藤康用が
井伊谷に乗り込んでくるところから始まります。

 

なんで井伊家が、我が領内を荒らした賊どもを匿っているのか
そいつらは、我が菩提寺から本尊を盗んだ連中なのに
これはどうなっているんだとカンカンになっている康用をなだめるため

小野政次(高橋一生さん)が引き渡しを提案
それに井伊直虎(柴咲コウさん)も同意し
康用たちは龍雲丸のたまり場を襲撃します。

龍雲丸を本心では引き渡したくない直虎は、康用たちが出ていったあと
こっそりと中野直之(矢本悠馬さん)を伝令として送りますが
結局龍雲丸は、康用たちや直之が来る前に行方をくらましてしまいます。

 

その後、悪化している近藤家との関係を修復するために
近藤家に詫びに行くことになりますが
康用が嘘をついていると見抜いた南渓住職が上手く彼をやりこめ
井伊家は一方的に責められることなく、近藤家との関係改善に成功します。

 

それから後

「あの者たちを井伊家のために使うのはいいですが
井伊家をあの者たちのために使わないでください」

と釘を刺されながらも(龍雲丸を家臣にすることについて)
政次の同意を得た直虎は、戻ってきた龍雲丸に家臣になってほしいと頼みますが
その頼みを龍雲丸に拒否されたところで、今回のおんな城主 直虎は終わります。

コミカルな南渓住職(小林薫)

今回のおんな城主直虎の見どころは
南渓住職が近藤康用をやりこめるシーンです。


スポンサーリンク


龍雲丸一党に本尊を盗まれたというのは
康用が龍雲丸を引っとらえるためについた嘘ではないか
と見抜いた南渓住職は、龍雲丸の手を借りて
言いがかりをつけるために、隠された本尊をまた元に戻しました。

 

隠しているはずの本尊が、なぜか安置されていることに
驚愕する康用(と菩提寺の住職)に対し
なぜここにないはずの本尊があるのでしょうなあ
と、すっとぼける南渓住職の顔は、実にコミカルで笑えます。

 

このありえない状況に対し、康用たちは
臨時の本尊を持ってきたと苦しい言い訳をします。

前の本尊と臨時の本尊、同じ作者が作っていますが
これはどういうことかなと住職が容赦なく突っ込みます。

 

さすがに言い訳のネタがつきた康用に
きっと本尊が自力で戻ってきたのでしょうと強引に話をまとめ
もうこの辺でお互い仲良くしましょう、と要求するさまは大したものです。

(今回の件は不問にするから、そちらも龍雲丸の件でからんでこないように)

今回は、まさに南渓住職が主役の回だと言えますが
次はいったい誰が主役になるのか
次回のおんな城主 直虎も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」の予告編

 

※第23回「盗賊は二度 仏を盗む」の視聴率(関東地方)は12.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す