大河ドラマおんな城主 直虎【第25回 材木を抱いて飛べ】の視聴感想



 
井伊家にとって儲けの元になるはずだった材木が
思わぬ爆弾になって帰ってくる回
今回の物語を一言で表現するとそうなります。

売った材木が商人を通じて敵方に流れたから責任をとれ
と無茶を言ってきた今川家に、井伊家の皆は
どうやって立ち向かうのでしょうか。
 

スポンサーリンク


今川家に疑われた井伊家と徳川家

今回のおんな城主 直虎は、井伊家の作り出した材木を
買ってくれる相手が現れたところから始まります。

 

成川屋という商人が高値で材木を買ってくれることになり
井伊直虎(柴咲コウさん)は大喜びします。

材木、綿布という商材を手に入れ、その売り先も決まり
井伊家の将来は安泰、そう誰もが思った矢先
今川家の使者が小野政次(高橋一生さん)とともに現れ
とんでもない事を告げて来ます。

 

それは、井伊家の材木が三河に流れており
徳川家がその材木を使って色々なことをしている
それを聞いた大守様が井伊家と徳川家の仲を疑っているから
釈明のために駿府へ来いというものでした。

 

我々は成川屋という商人に材木を売っただけで
その先のことまで責任は持てないと井伊家の家臣たちは弁明しますが
今川の使者は聞く耳を持たず、駿府に来いと命令をして来ます。

 

主君は言い分を聞いてくれず、材木を取り戻すことも出来ない状況になり
直虎は絶対絶命の危機に立たされます。

 

この直虎の苦境を聞いた龍雲丸(柳楽優弥さん)が
三河に向かう材木を押さえ、直虎が処罰される前に
それを駿府に運び込んだことで、なんとか直虎は窮地を脱し
そこで今回の物語は終わります。

龍雲丸(柳楽優弥)と瀬戸方久(ムロツヨシ)

今回のおんな城主直虎の見どころは、いつもの今川家の無理難題を
直虎を始めとする、井伊家の人々がどう切り抜けるかというところです。


スポンサーリンク


今度の今川家の言いがかりが、直虎を潰すことを目的としている以上
普通に釈明をしても

「井伊家の材木が徳川家に渡っている以上そんなことは関係ない」

と無視されるのがオチです。

 

だから直虎は売られた材木を取り戻し、それを持って
井伊家の材木は徳川家に流れていないという証を立て
(あるいは井伊家の忠誠心を示すことで)
今川家の攻撃をしのぐつもりでしたが、これが上手くいきません。

 

そこで活躍するのが、龍雲丸と瀬戸方久(ムロツヨシさん)です。

 

龍雲丸一党の力と方久の機転で、海の上にある材木を取り戻すことに成功し
直虎は処罰されずに済みました。

 

もともと、これらの人々は井伊家の家臣ではなかったことを考えると
今まで直虎がやって来たことが、報われた回だと言えるでしょう。

(方久を井伊家に迎え入れたり、龍雲丸一党を賊だと切り捨てずに説き伏せたりしたこと)

 

方久のような頼りになる商人や、武士というよりも
アウトロー集団といえる龍雲丸一党を味方にした直虎が
今後どうやって井伊家を守っていくのか
次回のおんな城主 直虎も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第26回「誰がために城はある」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第26回「誰がために城はある」の予告編

 

※第25回「材木を抱いて飛べ」の視聴率(関東地方)は12.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す