大河ドラマおんな城主 直虎【第26回 誰がために城はある】の感想



 
今回のおんな城主 直虎のテーマは
「一難去ってまた一難」です。

今川家に謀反の疑いをかけられるという
窮地をしのいだ井伊直虎(柴咲コウさん)のもとに
別のトラブルが降りかかって来ます。

はたして直虎は、このトラブルを
無事に切り抜けることができるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


気賀の街に、今川家が介入!?

今回のおんな城主 直虎は、井伊家にとって銭の種である独立都市
気賀の街に、今川家が介入してくるところから話が始まります。

 

これからは我々がこの街を治めるという今川家に
気賀の街衆は反発します。

この今川のやり方を見た龍雲丸(柳楽優弥さん)は
井伊家もこの動きに絡んでいると勘違いして
直虎の元に怒鳴り込んで来ます。

 

直虎たちは、そのような動きは今知った
我々はあずかり知らぬことだと弁明しますが
龍雲丸は納得しません。

 

それを見た直虎は、気賀の街を助けようとしますが
そんなことをしたら井伊家がどうなるか分からない、だから余計なことはするなと
小野政次(高橋一生さん)に止められてしまいます。

 

それでも、気賀の街を見捨てられない直虎は
気賀の街に行きますが、ここで彼女は意外な光景に遭遇します。

 

それは、街の人間が親今川と反今川に分かれ
内輪で争っている光景です。

 

このままでは街が割れてしまうことを恐れた直虎は
親今川と反今川の有力者を集めて説得することを試みます。

 

その説得は概ね上手く行きますが
どうしても街に城を作りたくない龍雲丸がこれに反発し
街を出て行こうとします。

 

これはどうにもならないと頭を抱える直虎に対し、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が
全ての問題を解決出来る策を出して来たところで、今回の物語は終わります。

井伊直虎も気賀の街に介入…

今回の物語の見どころは、直虎が調停者として
気賀の街のもめ事を解決するところです。


スポンサーリンク


本来、井伊家は気賀の街の領主でもなんでもないので
街のもめごとを放置しておいても別にかまわないのですが
おせっかい焼きの直虎は気賀の街に介入します。

 

今川家に介入されたら商売がやりにくくなるから困るという
反今川家の人々を直虎が説得し、これで話が上手く行くと思ったら
城や戦というものが嫌いな龍雲丸が、それならこの街を出ていくといい
実際に街を出て行こうとします。

 

この軍事拠点が、人を幸せにするのか不幸にするのかという問題は
現代にも通じる難しい問題です。

 

直虎は城があるから、言い換えると
軍事力があるから人を守ることが出来ると主張しますが

龍雲丸は、城があるからその拠点が攻められることになるし
その拠点を守るために人が死ぬことになると
自分の親の例を挙げて反論します。

 

これは、どちらも正しい主張なので
(時と場合によって結果が変わるので)難しい問いだと言えますが

龍雲丸はそれに加え、仮にお前の主張が正しいとしても
それをお前が実現することが出来るのか、本当に領民を守ることが出来るのか
と、その覚悟を問うて来ます。

 

これに対し直虎はどう答えるのか
次回のおんな城主 直虎も必見と言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第27回「気賀を我が手に」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第27回「気賀を我が手に」の予告編

 

※第26回「誰がために城はある」の視聴率(関東地方)は12.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す