大河ドラマおんな城主 直虎【第27回 気賀を我が手に】の視聴感想!



 
今回の物語は、気賀の町をめぐる騒動に
一つの区切りがつく回になっています。

井伊家と気賀の街衆は相思相愛の状態ですが
それだけで街の領有権が決まるほど戦国の世は甘くありません。

はたして井伊家は、気賀の街を領有することが出来るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


今川氏真(尾上松也)の説得

今回のおんな城主 直虎は、気賀の町衆が
井伊谷にやって来るところから始まります。

 

気賀の町を井伊家に治めてほしいと頼んでくる町衆に対し
心の準備が出来ていない井伊直虎(柴咲コウさん)は動揺しますが
一晩考えた末、この提案を受け入れることにします。

その後、直虎の意を汲んだ瀬戸方久(ムロツヨシさん)が
今川氏真(尾上松也さん)の説得にかかりますが
武田家との手切れが確定したことで、話を持ち出せる雰囲気ではなくなり
井伊の作戦は失敗に終わります。

 

その頃、気賀の町にいた龍雲丸(柳楽優弥さん)とその一党が
気賀に城を築くことを決意します。

 

彼らは城を作ることに反対していましたが、どうせ作ることが避けられないのなら
人を殺す城を作るのではなく、人を生かす城を作ろうというわけです。

 

龍雲丸たちがそうして城を作り始めたころ、直虎と方久は
もう一度気賀の町を治めるために、今川家の者を説き伏せようとします。

 

今気賀の町を治めている大沢家を説き伏せた後
本丸である氏真の説得にかかるのですが
この頃の氏真は政治に対し情熱が持てなくなっていたので
「好きにしろ」と井伊家の気賀領有を認めます。

 

そこで今回のおんな城主直虎は終わります。

戦をせずに気賀を井伊家の版図に

今回のおんな城主直虎の見どころは
気賀の町を治めるために行われる数々の外交戦です。


スポンサーリンク


普通に考えれば、相手の領土を戦もせずに貰うなんてことは無茶なのですが
気賀の町を治める大沢家が、他の領土の統治や
城の修繕で手一杯であることを見抜いた方久が

「気賀の町は色々と統治しにくい場所です
面倒なことは井伊が引き受けます」

と相手を揺さぶり、大沢家を見事に説き伏せます。

 

大沢家の立場からすると、ただでさえ忙しいのに
手こずりそうな街を版図に加える余裕などないというわけですが
ここを見事についた方久の作戦勝ちと言えるでしょう。

 

その後、氏真のやる気がなくなっているタイミングを見抜いて
一気に話を通すさまは、まさに見事の一言と言えます。

 

上手く相手を説き伏せた方久
氏真の動きを見て、今なら手討ちにされるようなことはないだろうと
方久を向かわせた小野政次(高橋一生さん)
そして気賀の町を治めるために腹をくくった直虎

この三者の見事な連携で、井伊家は戦をせずに版図を広げることが出来ました。

 

この井伊家が、いったいどこに向かって行くのか
次回のおんな城主 直虎も必見と言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第28回「死の帳面」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第28回「死の帳面」の予告編

 

※第27回「気賀を我が手に」の視聴率(関東地方)は12.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す