大河ドラマおんな城主 直虎【第32回 復活の火】小野家の家臣の感想!



 
今回のおんな城主直虎は、物語が大きく動く激動の回です。

今まで攻めてくると何度も言われながらも攻めてこなかった武田軍が
ついに駿河侵攻を始め、それに呼応して徳川軍も動きます。

この状況に、我らが井伊家はどう対応するのでしょうか。
 

スポンサーリンク


徳川家康(阿部サダヲ)と瀬名(菜々緒)の驚き

今回の物語は、徳川家が今川家の武将を調略するところから始まります。

 

徳川家の調略は一進一退を繰り返しながら
それなりに順調に進んでいきますが
そこに井伊家が取り潰されたとの報告が入って来ます。

 

井伊家が潰されて、後継者の首も取られた
という報告を聞いた徳川家康(阿部サダヲさん)と
妻である瀬名(菜々緒さん)は驚きますが

そこに、家康には真相を伝えておかないとまずい
と考えた直虎(柴咲コウさん)の文書が届きます。

それを見た家康は、今川家を騙すとは大したものだと感心します。

 

それからしばらくして、ついに
武田信玄(松平健さん)の軍勢が駿河に攻め込みます。

 

これに対し今川氏真(尾上松也さん)は軍勢を率いて反撃を試みますが
氏真ともに戦うはずの武将達が一斉に逃げ出してしまったので
反撃は失敗に終わります。

 

その頃、徳川軍も井伊谷のある遠江に侵攻します。

 

井伊谷を守っている今川軍は徳川方に寝返ることを決め
城を守っている小野政次(高橋一生さん)も、城を明け渡す準備を整えます。

 

このままいけば、何事もなく城を明け渡して終わり
となるはずでしたが、ここでとんでもない出来事が起き
そこで今回の物語は終わります。

小野政次(高橋一生)の本音

今回の物語の見どころは、物語のもう一人の主人公ともいえる
小野政次が、本音を語るところです。


スポンサーリンク


今まで政次という人物は、あまり本音を語りませんでした。

 

本音を語っていると思われる場面でも
本当にそれは本音なのか、実はそれも演技ではないのか
と疑いをさしはさむことが出来る、そんな謎めいたキャラでした。

 

ですが、今回の政次は色々なところで本音を語ります。

 

今まで井伊家に楯つくような真似をして来ましたたが
それはあくまでそういうふりをしていただけであって
本当の小野家は、井伊家を守る盾なのだと、本心を語るのです。

 

それに対して、小野家の家臣たちは、そんなこと分かっていましたよ
(けどそれだと殿が困るから分からないふりをしていました)
と答えたのです。

その答えに対しそれでこそ小野家の家臣だと返すこのシーンは
このドラマの中でも屈指の名シーンと言えるかもしれません。

 

今川家の衰退という出来事を前に、謎めいたキャラぶりを捨て
ついに本音を語り始めた政次と直虎は、いったいどこへ向かっていくのか
それが分かる来週の放送は、必見だと言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第33回「嫌われ政次の一生」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第33回「嫌われ政次の一生」の予告編

 

※第32回「復活の火」の視聴率(関東地方)は12.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す