大河ドラマおんな城主 直虎【第33回 嫌われ政次の一生】忠臣の感想 !



 
今回のおんな城主 直虎は、物語中盤のクライマックスと言える
重要な回です。

題名の通り嫌われ者、というか井伊家に巣食う悪党として
死んでいこうとする小野政次(高橋一生さん)と
その思いに答え、悪を倒す井伊直虎(柴咲コウさん)という構図は
実に悲しいものがあります。

その意味で、今回は悲しみの物語だということが出来るでしょう。
 

スポンサーリンク


奸臣の仮面をかぶる小野政次(高橋一生)

今回のおんな城主 直虎は、謎の攻撃が徳川軍を襲う所から始まります。

 

この攻撃の後、約束通り井伊直虎は城を明け渡しますが
徳川家康(阿部サダヲさん)を暗殺しようとしたのでは
との疑いをかけられることになり、直虎と井伊家は窮地に立たされます。

 

その後、家康暗殺の疑いをかけられた直虎は牢に入れられ
城を守っていた小野政次は逃げだすことになります。

これを見た井伊家の面々は、牢を破り直虎を逃がそうとしますが
政次が全ての罪をかぶって捕まったことで直虎が解放され
その必要がなくなります。

 

釈放された直虎は、なんとかして政次を救おうとしますが
ここで直虎が政次をかばえばかばうほど、徳川家中で
井伊家の立場が悪くなっていくことをわかっていた政次は
井伊家を欺いて家を乗っとろうとした奸臣の仮面をかぶることで
井伊家と直虎を守ろうとします。

 

それでも、直虎は政次を助けようとするのですが
井伊家のために死ぬことが本懐(本当の願い)であると
政次はその救いを拒否します。

 

政次の意思が変わらないことを知った直虎は
彼の望み通りに政次を悪として裁き、そこで今回の物語は終わります。

小野政次(高橋一生)の忠臣ぶり

今回の見どころは、物語の陰の主人公である
小野政次の忠臣ぶりにあります。


スポンサーリンク


直虎は幼馴染であり同志的存在(あるいはそれ以上の存在)である政次を
なんとかして救おうとしますが、もし直虎がそれをやれば
井伊家は徳川家に二心があるのではないか、と疑われることになりますし
昔のことを根に持っている近藤康用(橋本じゅんさん)の恨みも晴れません。

 

だから、政次は全ての罪をかぶって裏切り者として死ぬことを選ぶわけですが
その忠誠心の高さは半端ではありません。

 

この人は、井伊家というより直虎個人に忠誠を誓っているのかもしれませんが
だからこそ、ここまでの忠誠心を発揮することが出来るのでしょう。

 

碁石のようなものを直虎に送った政次の思いに答え
直虎は、自ら槍を持って「悪党」小野政次を成敗しますが
(あれは自分を捨て石として上手く使えというメッセージだったのだと私は解釈しています)
それに対しどこかにこやかな表情をしながら(まるで激励のような)
呪いの言葉をかけて死んでいく政次が立派すぎます。

 

その最後は、陰の主人公の名に恥じない見事な最期だったと言えるでしょう。

 

小野政次がいなくなってしまったことで、井伊家はどうなってしまうのか
次回のおんな城主 直虎も必見と言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」の予告編

 

※第33回「嫌われ政次の一生」の視聴率(関東地方)は12.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す