大河ドラマおんな城主 直虎【第35回 蘇えりし者たち】龍雲丸の感想!



 
今回のおんな城主 直虎は、井伊直虎(柴咲コウさん)の仲間である
龍雲丸(柳楽優弥さん)の話が軸となっています。

前回の物語で、徳川と今川の戦争に巻き込まれて
生死不明になった彼は、死なずに生き延びることが出来たのでしょうか。
 

スポンサーリンク


半死半生の状態で発見された龍雲丸(柳楽優弥)

徳川軍の乱入により気賀の街が廃墟と化し
そのあまりの惨状に井伊家の皆が茫然とするところから
今回の物語は始まります。

 

とりあえず生きている者を探そうという
南渓和尚(小林薫さん)の提案により
皆で捜索を行った結果、龍雲丸を発見します。

龍雲丸は半死半生の状態でしたが、直虎や龍潭寺の皆が手当てをし
何とか意識を取り戻します。

 

意識を取り戻した龍雲丸は、龍雲党の仲間たちが
生死不明の状態であることにショックを受けますが
そんな龍雲丸を南渓和尚が励まします。

 

そうこうしているうちに、龍雲丸は元気を取り戻していきますが
そこに直虎と因縁のある近藤(橋本じゅんさん)が部下とともにやってき来ます。

 

戦で大怪我をした近藤の治療をしてほしいと
近藤の部下から頼まれた直虎は、何も言わずに彼を治療をしようとしますが
直虎を見た近藤は動揺し、ここでわしを殺すつもりかと言い放ちます。

 

そんな近藤を見た直虎は、殺すつもりなら何もしないといい
黙々と彼を治療します。

 

一方その頃、掛川城に籠城している今川氏真(尾上松也さん)と
徳川家康(阿部サダヲさん)が交渉し、和睦が成立します。

 

戦争が終わり、龍雲丸や瀬戸方久(ムロツヨシさん)が
今後の身の振り方を考えているところで、今回の物語は終わります。

井伊直虎(柴咲コウ)と龍雲丸(柳楽優弥)の距離

今回のおんな城主 直虎の見どころは、直虎と龍雲丸の関係です。


スポンサーリンク


今まで、直虎にとって龍雲丸は
仲間の一人程度の関係に過ぎませんでした。

 

彼女の中で、小野政次(高橋一生さん)が
あまりにも大きな存在を占めていたがために
龍雲丸をはじめ、他の人の存在が相対的に小さくなっていたのです。

 

ですが今回、直虎と龍雲丸が腹を割って話した結果
双方が似たもの同士であることに気付きます。

 

なんで俺だけが生き延びてしまうのか
(他の仲間がいなくなったのに自分だけ生きのびるのは耐えられない)
と嘆く龍雲丸に対し、私も同じだ、政次が死んでしまったのに
なんで役に立たない私が生き残ってしまったのかと
同じことを考えていると返します。

 

その結果、この人は私と同じような立ち位置にいるとお互いが自覚し
以前より仲が近くなりました。

 

まだその近さは、ほぼゼロ距離に近かった
直虎と政次のそれには及びませんが
ただの仲間よりも関係が近くなったことは確かです。

 

このまま二人の仲が接近していくのか
それとも特に仲のいい仲間で終わるのか
それも含めて次回の物語が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第36回「井伊家最後の日」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第36回「井伊家最後の日」の予告編

 

※第35回「蘇えりし者たち」の視聴率(関東地方)は11.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す