大河ドラマおんな城主 直虎【第36回 井伊家最後の日】思案の感想



 
今回の物語は、井伊家の当主である井伊直虎(柴咲コウさん)が
重大な決断を下す回です。

井伊家再興が困難であることを知った直虎は
それでも井伊家を再興する道を選ぶのでしょうか。

それとも、まったく別の道を歩むのでしょうか。
 

スポンサーリンク


松下家を虎松(寺田心)に差し出したい

今回のおんな城主直虎は、直虎が寺で思案するところから始まります。

 

これからどうしたらいいのか、どうやったら井伊家を再興できるのか
と、頭を悩ませる直虎のもとに、徳川家の使者として
井伊家とやりとりしていた松下常慶(和田正人さん)が現れます。

今回、井伊家がこんな目に合った責任の大半は
自分にあると考えた常慶は、その詫びとして自分の家である松下家を
虎松(寺田心さん)に差し出したい、と提案してきます。

 

この提案に乗れば、労せずして松下家をもらうことが出来ますが
代わりに井伊家の再興は諦めることになります。

 

とりあえず生活が安定して、危険なことをせずにすむ前者の道を歩むべきなのか
厳しいことを承知で、あくまで後者の道を歩むべきなのか
この難題に迷った直虎は、今すぐ答えは出せないと常慶を帰した後
近しい人に相談することにします。

 

龍雲丸(柳楽優弥さん)や南渓和尚(小林薫さん)に相談した結果
もうこれ以上は無理だと判断した直虎は
井伊家再興を諦めることにし、それを虎松に伝えます。

 

他の家臣が食べていけるように手を打った後
直虎は僧を辞めて、龍雲丸と共に暮らしていくことになります。

 

そこで今回の物語は終わります。

井伊家再興を諦めるなどとんでもない

今回の物語の見どころは、井伊家を再興すべきが迷う直虎と
それに対する周りの人の対応です。


スポンサーリンク


直虎は、このことをまわりに相談するのですが
それに対する反応が人によってまったく違います。

 

龍雲丸は、直虎の気持ちに寄り添いながら
尼小僧さまがやりたいならやればいいし
もう無理だと思ったなら辞めてもいいんじゃないんですか

と答えますし…

 

南渓和尚は、お前はよくやった
もう井伊家の再興を諦めてもいいんだ、と諭します。

 

南渓和尚に優しく諭された直虎は
私が不甲斐ないせいでこのようなことになりました
と泣きながらお家再興を断念するわけですが

この二人と違い、虎松と中野直之(矢本悠馬さん)は
井伊家再興を諦めるなどとんでもない、と突き上げて来ます。

 

この相談のあとで、龍雲丸と直虎の関係が急接近するわけですが
直虎第一の龍雲丸、まるで父のような立場で
娘が抱えている荷物を降ろそうとする南渓和尚
井伊家という家を重んじる虎松たち

皆の考えが違っているところが面白いです。

 

皆に相談した直虎は、井伊家再興を諦めることになるわけですが
この後、物語がどう転がっていくのか、次回の物語も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第37回「武田が来たりて火を放つ」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第37回「武田が来たりて火を放つ」の予告編

 

※第36回「井伊家最後の日」の視聴率(関東地方)は12.1%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す