大河ドラマおんな城主 直虎【第37回 武田が来たりて火を放つ】の感想



 
今回の物語は、井伊直虎(柴咲コウさん)が
大きな選択を迫られる回です。

彼女は、ずっと住んでいた井伊谷を離れ
龍雲丸(柳楽優弥さん)とともに新しい地で新しい生活を送るのでしょうか。

それとも、あくまでも井伊谷にとどまるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


龍雲丸(柳楽優弥)と井伊直虎(柴咲コウ)が堺に!?

今回のおんな城主 直虎は、井伊家当主としての地位を捨てた直虎が
農民として生きるところから始まります。

 

彼女は、農業をしたり、周りの農民たちと交流しながら
龍雲丸と幸せな生活を送っていました。

そんな生活を送っていた直虎に対し
龍雲丸はともに堺に行ってほしいと告げます。

 

ここにいてもしょうがないか
堺で新しい生活を過ごそうと提案する龍雲丸に対し、直虎は
井伊家と井伊谷を完全に捨てて行くのは罰あたりだとして拒みます。

 

ですが、よく考えると龍雲丸の言ってることも一理あると考えた直虎は
母親のすすめもあり、彼とともに堺に行くことにします。

 

そうして二人が堺に行く準備をしている時に
とんでもないことが起こります。

 

戦国最強と言われた武田軍が
井伊谷のある遠江に攻め込んで来たのです。

 

この状況で自分だけ堺に行くのはまずいと思った直虎は
龍雲丸や井伊家一党とともに井伊谷を救う作戦を考えます。

 

その後彼らは、井伊谷を守る近藤康用(橋本じゅんさん)の足を引っ張ることで
戦争を避けようとしますが、あくまで武田に屈したくない近藤は
城に火を放ち、そこで今回の物語は終わります。

おんな城主と龍雲党の頭

今回の物語の見どころは、直虎と龍雲丸の心温まるやりとりです。


スポンサーリンク


今まで、弱小豪族の当主として直虎はハードな生活を送ってきましたが
その任務から解放されたことで、直虎は井伊家の人間ではなく
一人の女性として生きることが出来るようになりました。

 

そんな彼女と、龍雲党の頭としてのしがらみがなくなった龍雲丸とのやりとりは
実に笑えます。

 

他の女性を抱きしめたり、その女性から渡された書状を隠したりする龍雲丸を
なんともいえない目つきで見たり、物を投げてとがめたりする直虎は
人間らしくて実に素敵です。

 

おんな当主としての直虎は
こういう軽はずみな真似をしなかったことを考えると
今の直虎は、ずっと抱えてきた荷を下ろし
普通の人に戻ったということなのでしょう。

 

その後、武田軍が攻めて来たことで、ここでいちゃいちゃしたり
堺に行っている場合ではないということになり
二人の甘い生活は終わりを告げるわけですが
もし武田が攻めてこなかったら
この二人はどういう生活を送っていたのかと、つい考えてしまいます。

 

このまま二人で堺に行った方がよかったのか
それとも、井伊谷に残った方がよかったのか
それが分かる次回の放送が今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」の予告編

 

※第37回「武田が来たりて火を放つ」の視聴率(関東地方)は%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す