大河ドラマおんな城主 直虎【第39回 虎松の野望】井伊家再興の感想



 
今回のおんな城主直虎は、タイトルの通り
虎松(菅田将暉さん)が主役の物語となっています。

井伊家再興を諦めた井伊直虎(柴咲コウさん)の代わりに
家を再興しようとする虎松の夢は叶うのでしょうか。

それとも、再び井伊家再興は失敗に終わるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送る虎松(菅田将暉)

今回の物語は、かつて井伊家の当主であった
井伊直親(三浦春馬さん)の法要のため
井伊家の皆が一堂に集うところから始まります。

 

松下家のものとして井伊谷に戻ってきた虎松は
井伊谷を視察し、その発展ぶりに目を見張ります。

これだけ里が発展しているなら、井伊家再興も可能だと考えた虎松は
今こそ井伊家を再興するべきではないかと直虎に提案しますが
そんなことをやる気はないと拒否されてしまいます。

 

そこで虎松は、別の手で井伊家を再興しようとします。

 

それは、主君である徳川家康(阿部サダヲさん)に書状を送り
井伊の名を名乗ることを許してほしいというものでした。

 

その書状を見た家康は
虎松と小野家の遺児である亥之助(井之脇海さん)を呼び出して
直接問いかけます。

 

お前たちは、井伊家の人間として私に仕えたいのではないかと
それを聞いた二人は井伊家のものとして仕えたいと
正直な気持ちを打ち明けます。

 

虎松が井伊家を再興するとなると、松下家が困るので
会議が紛糾しますが、結局最後は家康の裁定で
虎松は井伊家のものとして仕えることになります。

 

ですが、ここで意外なトラブルが起き
ここで今回の物語は終わります。

徳川家康に直訴し井伊家再興を勝ち取る

今回の物語の見どころは、一度つぶれた井伊家を再興するために
虎松が活躍するところです。


スポンサーリンク


徳川家のトップである徳川家康に直訴し
井伊家再興を勝ち取るところは見事の一言です。

 

その後、虎松の言い分を聞いてしまうと
松下家への義理が立たないことを無視出来なくなった家康が

「松下家のものなら小姓待遇で迎えられるが
井伊家のものなら草履番から始めてもらうぞ」

(下っぱが嫌なら今からでも松下家に戻ってくれんか?)

と圧力をかけて来ますが、それに対して

「井伊家のものとして日本一の草履番になってみせます!」

と啖呵を切って返すさまは、実にかっこうがよかったです。

 

肝が据わっている上に頭が回る虎松は
まさに主人公の器だと言えるでしょう。

 

そのやりとりの後、部屋に戻って

「なんでこんな嫌がらせをしてくるんだ」

と怒る虎松と、その怒りを上手くなだめる亥之助のシーンが出てきますが
このシーンは二人の関係性を表すいいシーンだったと思います。

 

度胸があるけどわりと短気な虎松と、頭脳派の亥之助が
徳川家の中でどのように出世していくのか
それが分かる次回の放送が今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」の予告編

 

※第39回「虎松の野望」の視聴率(関東地方)は11.7%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す