大河ドラマおんな城主 直虎【第41回 この玄関の片隅で】謀臣の感想



 
草履番の後継者を育てて早く小姓になりたい
そう考えている万千代(菅田将暉さん)と万福(井之脇海さん)が
ある一人の男と出会うところから、今回の物語は始まります。

この出会い、万千代と万福にいったい何をもたらすのでしょうか。
 

スポンサーリンク


新しくやって来たノブ(六角精児)とは誰だ!?

今回のおんな城主直虎は、万千代と万福のもとに
草履番の後継者がやって来ることから始まります。

 

自分たちと同じ新進気鋭の若者がくると思ったら
かなり年のいったおじさんがやって来たので、二人は首をかしげます。

しかも仕事があまり出来なかったので
これではいつまでたっても小姓になることが出来ないと考えた万千代は
新しくやって来たノブ(六角精児さん)に当たり散らします。

 

そんな中、武田軍が再び徳川領内に侵攻して来た
という報告が入ります。

 

このままでは一生草履番のままだと焦る万千代は
小細工を弄して徳川家康(阿部サダヲさん)に直訴し
井伊家の方で、徳川家が必要とする材木を用立てるから
その見返りとして戦に参陣させてほしいと懇願します。

 

それを聞いた家康は、そこまで戦に出たいならかまわないと告げますが
他の家臣から万千代ばかりをえこひいきするのはよくないと諫言されたり

まだ戦に出るのは早いと考えた井伊直虎(柴咲コウさん)が
万千代を戦に出さないでくれと書状で頼まれたこともあり
結局、家康は万千代の従軍命令を取り消すことになります。

 

そこで、今回の物語は終わります。

ノブの正体は、謀臣本多正信

今回の物語の見どころは、万千代、万福と
新入りの草履番であるノブとのやりとりです。


スポンサーリンク


ノブはあまり機敏な方ではないので
何をトロトロやっているのかと、万千代はいらつきますが
物語が進むと、このノブという男の非凡ぶりが明らかになって来ます。

 

彼は機敏に動いて草履を用意する代わりに
城から出てくる人の順番を先読みし
その順番ごとに草履を用意するという離れ業をやってのけます。

 

この離れ業をやってのけられたことで
ノブに厳しく当たっていた万千代も何も言えなくなりますが
彼の本名を考えれば、この仕事ぶりも当然だと言えます。

 

実はこのノブという男、本名を本多正信というのですが
彼は戦国きっての謀臣として知られている名将です。

 

その謀臣本多正信と、井伊の赤備えで知られる井伊直政が
こんな形で(同僚として)働いているのは面白かったです。

 

こいつ大丈夫かよという感じで相手に接する万千代と
そんな彼の評価をいい意味で裏切るノブのやりとりは笑えました。

 

戦国きっての謀臣を立派な草履番に仕立て上げた万千代は
天下分け目の大戦である長篠の戦いに参戦することが出来るのか
次回の物語が今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第42回「長篠に立てる柵」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第42回「長篠に立てる柵」の予告編

 

※第41回「この玄関の片隅で」の視聴率(関東地方)は11.8%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す