大河ドラマおんな城主 直虎【第43回 恩賞の彼方に】論功行賞の感想



 
今回の物語は、戦争が終わった後の論功行賞という
地味だけど非常に大切なことがテーマになっています。

井伊万千代(菅田将暉さん)は、この地味で大切な仕事を見事にこなし
日本一の小姓になることが出来るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


論功行賞を手伝う井伊万千代(菅田将暉)と小野万福(井之脇海)

今回のおんな城主直虎は、井伊万千代と小野万福(井之脇海さん)が
小姓に出世したところから始まります。

 

小姓になった二人に、徳川家康(阿部サダヲさん)は
戦後の論功行賞を手伝うように命じます。

報いるべきところに報いなければ、人は働いてくれないという
家康の言葉に思うところがあった万千代は
家康に対してある提案をします。

 

それは、家臣たちの功績を表にまとめれば
効率よく論功行賞が出来るというものでした。

 

一方その頃、井伊直虎は
木の切り過ぎで丸裸になった山を
元に戻すことに四苦八苦していました。

 

この難局を打開するため、直虎は
近藤(橋本じゅんさん)の力を借りることを考えます。

 

ここで植林すれば民を救うことになるし
歴史に名が残ることになるかもしれない

そう直虎におだてられた近藤は、直虎の提案を快諾
その結果、見事に植林が成功します。

 

そうして、直虎が戦争の後始末をしている頃
万千代は家康の命令で岡崎に行くことになります。

 

岡崎で家康の後継者である徳川信康(平埜生成さん)に会った万千代は
共に碁を打ちながら論功行賞について語り、信康を納得させます。

 

そこで、今回の物語は終わります。

井伊万千代(菅田将暉)の働きぶり

今回の物語の見どころは、井伊万千代の働きぶりについてです。


スポンサーリンク


小姓というのは、主君の身の回りの世話をする係りなので
今までのように派手な活躍をすることが難しい役回りです。

 

そこで万千代は、家康が論功行賞をやりやすくするために
簡単な図を作ってみせます。

 

簡単な図を作るというと、たいしたことのない働きに見えますが
実際に家康のやっている仕事を自分でやってみることを想像すると
彼の働きがよく分かります。

 

細かい字の書いてある書状を何百枚も見ていると
誰にどれだけの褒美を与えればいいのか
わけが分からなくなることは必至ですが
きちんとした図があれば、そこで混乱するのを防ぐことが出来ます。

 

たかが図1枚ではありますが、それがあるとないとでは大きな違いです。

 

そこに目を付けて、きっちりと仕事をした万千代の働きぶりは
さすがの一言です。

 

万千代は派手な仕事だけでなく、地味な仕事も出来る男であることが
よく分かるエピソードでした。

 

小姓として足場固めをすることに成功した万千代が
次にどんな活躍をみせてくれるのか
次回のおんな城主 直虎も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第44回「井伊谷のばら」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第44回「井伊谷のばら」の予告編

 

※第43回「恩賞の彼方に」の視聴率(関東地方)は12.9%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す