大河ドラマおんな城主 直虎【第45回 魔王のいけにえ】謀反の感想



 
今回の物語は、徳川家康(阿部サダヲさん)の息子である
徳川信康(平埜生成さん)にスポットライトが当たる回になっています。

タイトル通り、魔王のいけにえになってしまった信康は
いったいどうなってしまうのでしょうか。
 

スポンサーリンク


徳川信康(平埜生成)に謀反の疑いあり…

今回のおんな城主 直虎は
前回起きた暗殺未遂事件の後始末から始まります。

 

この事件は、岡崎にいる家臣全てに責任があるとする浜松の命令に
岡崎の家臣団は猛反発しますが、岡崎家臣団の頭である
徳川信康(平埜生成さん)が上手くとりなしたことで
この件は丸くおさまります。

しかしその後、家康の側室に子供が生まれたことがきっかけで
徳川・織田家中を巻き込んだ大騒動が起こります。

 

ある日、織田信長(市川海老蔵さん)が

「信康に謀反の疑いがある」

と、徳川の重臣である酒井忠次(みのすけさん)に告げます。

 

忠次は

「それは根も葉もない嘘」

だと告げますが、それで信長は納得せず
徳川家は信康を切り捨てるか、織田に楯付くかの選択を迫られます。

 

織田に楯つけば徳川家はもたないだろうと考えた家康は
母親のすすめもあり、信康を切り捨てることを決断します。

 

そして家康は岡崎に行き、武田と内通しているとの理由で
信康に死罪を申しつけます。

 

信康の母親である瀬名(菜々緒さん)や岡崎の家臣団は
これは何かの間違いだ、なんなら我々が腹を切るから
信康様の命だけは勘弁してほしい
と食い下がりますが
家康はこれを黙殺し、そこで今回の物語は終わります。

信康(平埜生成)の死罪は家康(阿部サダヲ)の本心にあらず

今回の物語の見どころは
苦しい立場に立たされた徳川家康の決断です。


スポンサーリンク


このドラマでの徳川家康は、いつも飄々としていて
あまり感情を表に出さないキャラですが
今回は、色々な感情を見せまくります。

 

信長の要求を上手くかわせなかった忠次が

「こうなったら信康様を切り捨てて浜松だけでも助かるしかない」

と言うと

「お前の不始末のせいでこんなことになったんだろうが!」

と激怒します。

 

このドラマで家康が激怒するシーンは
これが初めてではないでしょうか。

 

その後、忠次だけでなく、家康の母親にまで

「家を守るためには信康を切るしかない」

と圧力をかけられ、どうにもならなくなります。

 

そして、実の息子である信康に死罪を申しつけるわけですが
その時の家康の表情がなんとも言えません。

 

顔はきっちり真正面を向いているのですが
目があさっての方向を向いているのです。

 

よそ見してるわけではないのですが
目が相手の方向を向いていない
このシーンは、かなりのインパクトがありました。

 

信康を死罪にするのは家康の本心ではない
それがよく分かるシーンになっていたと思います。

 

心ならず息子を死に追いやることになった家康に
井伊万千代(菅田将暉さん)たちはいったい何が出来るのか
それが分かる次回の物語が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第46回「悪女について」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第46回「悪女について」の予告編

 

※第45回「魔王のいけにえ」の視聴率(関東地方)は%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す