大河ドラマおんな城主 直虎【第46回 悪女について】すれ違いの感想



 
今回の物語は、徳川家が中小大名としての悲哀を
これでもかと味わう話になっています。

強大な武田家と、それよりもさらに強大な
織田家に挟まれた徳川家と井伊家は
この難局にどうやって立ち向かい、乗り越えていくのでしょうか。
 

スポンサーリンク


武田との内通の証拠を残して瀬名(菜々緒)が出奔

今回のおんな城主直虎は、徳川家康(阿部サダヲさん)の嫡男である
徳川信康(平埜生成さん)が引っ捕らえられるところから始まります。

織田の手前信康を許すわけにはいけないが
本心では息子を助けたい家康は、北条とコネがある
今川氏真(尾上松也さん)を動かして北条と手を組み
それを活かして織田信長(市川海老蔵さん)に交渉することを考えます。

 

そんなおり、家康の妻である瀬名(菜々緒さん)が
武田との内通の証拠を残して出奔します。

 

その瀬名を井伊直虎(柴咲コウさん)は
井伊谷で匿い、嵐が過ぎ去るのを待とうとしますが
結局、瀬名は死ぬことになってしまいます。

 

死んでしまったものはどうにもならないので
家康は瀬名の首を持って信長のもとに行き
内通者には死んでもらったので、これで勘弁してほしいと頼みますが
信長は、信康の死という要求を曲げませんでした。

 

結局、信康が自害することで、この件は決着がつきます。

 

このやりとりを見て、いつまでこんな悲劇が続くのかと
落ち込む万千代を直虎が励まし、そうして励まされた万千代が
精神的に不安定になっている家康を励ますところで
今回の物語は終わります。

徳川家康(阿部サダヲ)と瀬名(菜々緒)のすれ違い

今回の物語の見どころは、家康と瀬名とのすれ違いと
それがもたらすことになる悲劇です。


スポンサーリンク


家族想いの家康は。誰一人犠牲を出さずに
この難局を切り抜けようとしますが、その想いに気がつかなかった瀬名は
夫は息子を切り捨てることでこの難局を切り抜けようとしているのではないかと
疑心暗鬼に陥ります。

 

夫が息子を守ってくれないなら
自分の力で息子を守るしかないと考えた瀬名は
(捕まることを承知で)武田との内通の証拠をでっちあげます。

 

こうなると、家康も瀬名をかばうことが出来なくなり
悲劇の結末へ繋がっていくわけですが
それをする前に、家康と瀬名で話し合っておけば
そうならずに済んだのではないかと思ってしまいます。

 

織田としても、徳川を(武田や毛利などの)
反織田連合の方に追いやりたくはないはずなので
交渉の余地はあったでしょう。

 

仮に交渉に失敗したとしても、妻と息子を
同時に死なせてしまうことにはならなかったはずです。

 

そう考えると、これは実に残念な話だと言えます。

 

これだけの悲劇にみまわれた徳川家が
そして井伊家がどうやって家を建て直していくのか
それが分かる次回の物語が、今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第47回「決戦は高天神」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第47回「決戦は高天神」の予告編

 

※第46回「悪女について」の視聴率(関東地方)は12.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す