大河ドラマおんな城主 直虎【第47回 決戦は高天神】の感想



 
今回の物語は、息子と妻を失った徳川家康(阿部サダヲさん)が
再び立ち上がるところから始まります。

前回、織田信長(市川海老蔵さん)の圧力によって
ひどい目にあわされた家康は
今度こそ上手くやることが出来るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


徳川信康(平埜生成)の望みだった駿河侵攻

今回のおんな城主直虎は
徳川家康が駿河侵攻を決意するところから始まります。

 

息子の望みでもあった駿河侵攻戦を始めようと家臣に語りかける家康に
徳川家臣団は奮起、徳川家は心を一つにして駿河侵攻を始めます。

その手始めとして徳川軍は高天神城に侵攻
井伊万千代(菅田将暉さん)を始めとする井伊家のものたちも
その戦を援護するために従軍します。

 

その戦で万千代が、武田軍の水の手を断ったことを評価され
さらに加増、その結果井伊家は
徳川家の中でも有力な武将に成長します。

 

この報告を受けて驚いた井伊直虎(柴咲コウさん)は万千代と会談し
戦のない世の中を作りたいというお互いの想いと
その想いと家康の想いは近いところにあることを理解します。

 

その後家康は、追い詰めた武田軍に降伏勧告を出すという
穏当なやり方で戦を終えようとしますが
武田は武力で潰さねばならないと主張する織田の圧力を無視出来ず
結局、高天神城を武力で落とすことになります。

 

そして、織田家の力に抗することの出来なかった武田軍が滅ぼされる形で
織田と武田の戦は終結し、その戦に協力した功績として
家康が信長から駿河一国を与えられたところで、今回の物語は終わります。

高天神城にいる武田軍を丸ごと召し抱えてしまうべき!?

今回の物語の見どころは、高天神城攻略に臨む徳川家康の雄姿です。


スポンサーリンク


敵をたたき潰さねば、また反乱が起こってしまいます。
(だから武田軍に容赦をしてはいけません)

 

という万千代に対し、家康は、敵を叩き潰す必要などない
それより高天神城にいる武田軍を丸ごと召し抱えてしまうべきだと返します。

 

そんなことが出来るわけがないと万千代は言いますが
それが出来るようにならないといけない
そう家康は平然と言ってのけるのです。

 

ただ相手を潰すだけでは(織田家と同じやり方では)徳川家は強くなれない
だから、相手を丸ごと取り込む強さが必要なのだという家康の姿には
信長とは違う種類の大物感を感じました。

 

その後、織田の圧力により
戦わずして武田軍を降伏させるという作戦そのものは失敗しますが
どんな困難が降りかかろうと、織田とは違う道を歩もうとする家康の姿は
実にカッコよかったです。

 

将来、そのやり方は
徳川幕府という形で結実するわけですが
まだ、この頃の徳川家は
織田という風に吹き飛ばされるだけの、中堅大名に過ぎません。

 

その中堅大名徳川家が、織田の魔の手をくぐりぬけ
どう夢と理想を結実させるのか
それが分かる次回の物語が、今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第48回「信長、浜松来たいってよ」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第48回「信長、浜松来たいってよ」の予告編

 

※第47回「決戦は高天神」の視聴率(関東地方)は11.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す